中央新聞

中央新聞(ちゅうおうしんぶん)は、1891年明治24年)8月16日から1940年昭和15年)まで、東京で発行された新聞。1910年以降、立憲政友会の機関紙だった。

目次

歴史編集

1883年(明治16年)1月22日から発行された小新聞の『絵入朝野新聞』は、1889年5月5日、号数を通計しながら『江戸新聞』と名を変えた[1]

1890年(明治23年)6月、大岡育造がそれを買収して『東京中新聞』と改名し、さらに1891年8月16日、『中央新聞』とした。紙面は大岡の政治的足取りにつれ、1892年6月から国民協会の、1900年9月から立憲政友会の、機関紙的に編集された。伊藤博文が立憲政友会の総裁だった。社屋は、1905年まで、現在の銀座三越の所にあった[2]

1905年(明治38年)9月、日露戦争後の講和条件を不満とする日比谷焼打事件の時は、自重を説いた。

1910年(明治43年)5月、立憲政友会が大岡から買い取って機関紙とし、合資会社組織に変え、鶴原定吉が社長に就いた。社屋は、麹町区内山下町(現・内幸町一丁目)の政友会の所へ移った。

1914年(大正3年)のシーメンス事件では、山本権兵衛内閣を支持して、非難の群衆に襲撃された。

1923年、株式会社とし、野田卯太郎が社長を勤めたが、1925年、入閣を期に辞し、1927年山口恒太郎代議士が副社長になった。1928年(昭和3年)、寺岡弥三郎が経営権を委託されて専務理事となり、翌年、山口が副社長に戻った。1931年、堀川勝造が社長を継いだ。

1940年(昭和15年)7月、政友会が新体制運動に同調して解党した。

1941年(昭和16)1月、中央新聞は『日本産業報国新聞』に変わり、杉原三郎が社長になった。直接の関係は明らかにできないが、当時、『大日本産業報国会』『産業報国会』などの勤労者組織が、体制派の指導で作られていた。

『日本産業報国新聞』は、大東亜戦争の敗色濃い1944年(昭和19年)5月30日、廃刊した。

『中央新聞』の発行部数は、1896年(明治29年)に大阪朝日新聞の9.5万に対し7万、1903年に10.4万に対し4.1万だったと言う[3]

社員編集

政治政論の記事ばかりでなく、時代順に次の様な社員も在籍した。

  • 広津柳浪(作家):『東京中新聞』時代の1890年に入社し、『絵姿』(1891年)・『変目伝』(1895年)、『黒蜥蜴』(1895年)などを連載した。
  • 幸徳秋水(思想家):1895年(明治20年)入社して翻訳を担当し、翌1月から論説を書いたが、1898年初の第3次伊藤内閣発足を嫌って年退社した。まだ社会主義者でなかった。
  • 岡本綺堂(劇作家・劇評家):1893年 - 1913年在籍。
  • 松居松葉(劇作家・劇評家):1895年 - 1896年。
  • 岡村柿紅(劇作家・劇評家):1901年 - 1909年。
  • 石橋思案(作家):1901年前後。
  • 若山牧水(歌人):1909年に5ヶ月。
  • 今井邦子(歌人):1910年 - 1911年。
  • 野村秀雄(ジャーナリスト):1911年から短期。
  • 中平文子(後の武林無想庵の妻):1916年入社、ルポ記事『お目見得日記』を連載した。
  • 青木槐三(鉄道ジャーナリスト):1919-1921年

出典編集

脚注編集

  1. ^ 国会図書館 中央新聞
  2. ^ 東京名所銀座通り
  3. ^ 片山隆康:『明治新聞物語』、大阪経済法科大学出版部(1989)p.164、212

外部リンク編集