中央流行疫情指揮中心

中央流行疫情指揮中心(ちゅうおうりゅうこうえきじょうしきちゅうしん、略称:疫情指揮中心、英語:Central Epidemic Command Center、英略称:CECC)は非常時に中華民国台湾)の衛生福利部国家衛生指揮中心(英語:National Health Command Center、英略称:NHCC)の下に設立する伝染病(感染症)の監視、防疫対策の策定および促進、感染症の予防と管理に必要な対策を担当する。常設の部署ではなく、防疫政策の必要に応じて都度設置される。日本の報道では『中央感染症指揮センター[1]』、あるいは『中央流行疫情指揮センター[2]』と意訳されることもある。

歴史編集

 
デング熱でNHCC会議に出席した行政院副院長張善政(2015年9月16日)
 
ジカ熱の法定伝染病指定に伴い発足したNHCC会議に出席した張善政(2016年2月2日)

2005年1月18日、行政院衛生署(衛生福利部の前身)によりそれまでの「生物病原災害中央災害応変中心(対感染性病原体)」、「反生物恐怖攻撃指揮中心(対バイオテロ)」、「中央流行疫情指揮中心」などを束ねる国家衛生指揮中心が設置され、その中核組織として指揮中心が機能を果たすことになる[3]

A型インフルエンザ編集

H1N1亜型

2009年4月28日、H1N1亜型による2009年新型インフルエンザの世界的流行に伴い、行政院は衛生署署長葉金川中国語版を総指揮官とする指揮中心を設置した[4]

H7N9亜型

2013年4月、H7N9亜型による鳥インフルエンザ中国大陸で流行した際に設置され[5]疾病管制署(CDC)署長の張峰義が指揮官となっている[6]

デング熱編集

2015年9月、台南市を中心にデング熱が蔓延し、国内感染者が1万人に迫った際に設立[7]

ジカウイルス編集

2016年2月、中南米でジカウイルスによるジカ熱の流行が確認され、WHOがジカ熱流行を国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC, public health emergency of international concern) を宣言した翌日に政府はジカ熱を法定伝染病に指定、CDCは署長の郭旭崧を指揮官とする対策センター(茲卡病毒指揮中心)を発足させた[8][9]

COVID-19編集

2020年1月20日新型コロナウイルスの発生に伴い防疫レベル3級(海外での感染事案に対応)の「厳重特殊感染性肺炎中央流行疫情指揮中心」が組織され、疾病管制署(CDC)署長であった周志浩が指揮官となり[10]、その後23日には(国内の感染事案発生に対応する)2級への格上げで衛生福利部部長の陳時中が新指揮官となった[11]。世界規模での感染が認められた2月末に1級へ再昇格[12]。3月9日に副指揮官が任命され、内部組織が強化された[13]

2020年の組織構造の状況編集

 
中央流行疫情指揮中心の記者会見(2020年2月16日)

組はチームに相当[14]

  • 指揮官 - 陳時中衛生福利部(衛福部)部長)
    • 副指揮官 - 陳宗彦内政部次長)
    • 専門家会議招集人 - 張上淳国立台湾大学副学長、医学部教授)
      • 疫情監測組 - 国内および海外の流行状況監視と国際交流を担当。組長:周志浩(衛福部疾病管制署(CDC)署長)、副組長:谷瑞生(外交部研究設計委員会主任)、劉定萍(CDC疫情中心主任)
      • 辺境検疫組 - 入国、国境管理および検疫対策を担当。組長:陳宗彥(内政部次長)、副組長:鍾景琨(内政部移民署中国語版副署長)、何麗莉(CDC検疫調査長)、蔡志儒(大陸委員会法政処処長)
      • 社区防疫組 - 地域別、家庭検疫と隔離追跡、在宅医療、心理カウンセリング、その他の仕事を担当。組長:何啟功(衛生福利部次長)、副組長:荘人祥(CDC副署長)、林清淇(内政部民政司長)、王英偉(衛福部国民健康署中国語版署長)
      • 医療応変組 - 感染症の予防と治療の医療ネットワーク、検疫サイト、大規模な入院と治療、およびその他の感染管理事項の管理を担当。組長:薛瑞元(衛福部次長)、副組長:羅一鈞(CDC副署長)、石崇良(衛福部医事司司長)、李伯璋(衛福部健保署長)、王必勝(衛生福利部附属医療及社会福利機構管理会中国語版執行長)
      • 研発組 - 迅速なスクリーニング試薬、ワクチン、医薬品の研究開発、疫学予測、肺炎の流行研究ネットワークとデータベースの確立を担当。組長:梁賡義国家衛生研究院院長)、副チーム長:呉秀梅(衛福部食品薬物管理署中国語版署長)
      • 情報組 - 流行情報を担当。組長:簡宏偉、副チーム長:龐一鳴(衛福部資訊処処長)
      • 管理部 - 伝染病の予防、虚偽の情報の調査および関連する事柄に関連する法制度を担当。組長:鄭舜平(衛福部主任秘書)、副組長:鄧如秀(CDC主任秘書)、李濠松(法務部検察司副司長)
      • 新聞宣導組 - 流行防止プロモーション、民衆諮詢、政府のマーケティング戦略を担当。組長:高遵(行政院新伝処長)、副組長:曹凱玲(CDC公関主任)

脚注編集

出典編集

  1. ^ “<新型コロナ>「武漢で隔離治療」昨年末WHOに通知 台湾、「人から人」疑いを指摘”. 東京新聞. (2020年4月12日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/202004/CK2020041202000122.html 
  2. ^ “台湾でコロナを封じ込めた「鉄人大臣」の知られざる素顔”. Wedge. (2020年4月28日). https://wedge.ismedia.jp/articles/-/19452 
  3. ^ (繁体字中国語)行政院衛生署 (2005年1月18日). “整合指揮、捍衛健康-「國家衛生指揮中心」正式啟用”. 疾病管制署. https://www.cdc.gov.tw/Bulletin/Detail/EuyIo3TKiip-SqmWIxXzDw?typeid=9 
  4. ^ (繁体字中国語)“葉金川:豬流感風暴 台灣躲不掉”. 自由時報. (2009年4月29日). https://news.ltn.com.tw/news/focus/paper/299184 
  5. ^ (繁体字中国語)“防疫如同作戰-全民健保不缺席”. 衛生福利部中央健康保險署. (2013年4月14日). https://www.nhi.gov.tw/News_Content.aspx?n=FC05EB85BD57C709&sms=587F1A3D9A03E2AD&s=8742DCE7A2A28761&Create=1 
  6. ^ (繁体字中国語)“簡訊:台灣成立H7N9流感中央指揮中心”. BBC中文網. (2013年4月3日). https://www.bbc.com/zhongwen/trad/science/2013/04/130403_brief_taiwan_birdflu.shtml 
  7. ^ (繁体字中国語)“登革熱疫情將破萬!政院才宣布成立「中央疫情中心」”. The News Lens 關鍵評論網. (2015年9月15日). https://www.thenewslens.com/article/24615 
  8. ^ “台湾がジカウイルス流行疫情指揮センターを設立”. 新華網. (2016年2月3日). http://jp.xinhuanet.com/2016-02/03/c_135071565.htm 
  9. ^ (繁体字中国語)“WHO確認茲卡病毒為「國際公衛緊急事件」 疾管署:和伊波拉威脅同等級”. The News Lens 關鍵評論網. (2016年2月2日). https://www.thenewslens.com/article/35672 
  10. ^ “第3レベルの感染状況指揮センター設置で新型肺炎対策を強化”. Taiwan Today. (2020年1月21日). https://jp.taiwantoday.tw/news.php?unit=148,149,150,151,152&post=169833 
  11. ^ (繁体字中国語)“防武漢肺炎升級 中央疫情應變中心「二級開設」【健康資訊】”. 台視 (Youtube). (2020年1月23日). https://www.youtube.com/watch?v=QILJBv49dU8 
  12. ^ “蘇行政院長、中央感染症指揮センターのレベルを「一級開設」に格上げ”. Taiwan Today. (2020年3月2日). https://jp.taiwantoday.tw/news.php?unit=154&post=172523 
  13. ^ (繁体字中国語)“陳宗彥接內政部次長 「全壘打王 」也來拉炮”. 台湾国際放送. (2020年3月9日). https://www.rti.org.tw/news/view/id/2054658 
  14. ^ (繁体字中国語)台灣中央流行疫情指揮中心及防疫作法”. 外交部 (2020年3月27日). 2020年4月10日閲覧。 中華民國駐外單位網站連結

関連項目編集