メインメニューを開く

中央発條株式会社(ちゅうおうはつじょう、: Chuo Spring Co., Ltd.)は、愛知県名古屋市緑区に本社を置く自動車ばねの大手メーカー。トヨタ自動車系列だが非自動車向けも開発強化している。三井住友アセットマネジメントが販売するトヨタグループ株式ファンドを構成する会社である。

中央発條株式会社
Chuo Spring Co., Ltd.
CHUHATSU head office.jpg
本社
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
458-0835
愛知県名古屋市緑区鳴海町上汐田68番地
設立 1948年12月25日
業種 金属製品
法人番号 9180001028444
代表者 取締役社長 髙江暁
資本金 108億3,720万8千円
(2018年3月31日現在)
発行済株式総数 6,385,599株
売上高 連結836億5,526万7千円
単独506億53万2千円
(2018年3月期)
純利益 連結20億8,981万3千円
単独16億435万円
(2018年3月期)
純資産 連結585億6,255万1千円
単独488億1,904万9千円
(2018年3月31日現在)
総資産 連結885億3,980万7千円
単独703億1,036万9千円
(2018年3月31日現在)
従業員数 連結3,668名
単独1,241名
(2018年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 トヨタ自動車株式会社 24.58%
愛知製鋼株式会社 7.64%
主要子会社 中発運輸株式会社
株式会社東郷ケーブル 他
関係する人物 原田武彦(元社長)
外部リンク www.chkk.co.jp
テンプレートを表示

自社ブランドとして、ローダウンスプリングや、車高アップスプリングが特徴的なマルチロードシリーズなどをリリースしている『CHUHATSU PLUS』 がある。(製造元 中央発條株式会社 / 発売元 SPK株式会社)

概要編集

沿革編集

  • 1925年(大正14年)3月 - 名古屋市中区月見町に中央スプリング製作所を創設。
  • 1930年(昭和5年)11月 - 航空機用ばねの製造開始。
  • 1931年(昭和6年)
    • 1月 - 株式会社中央スプリング製作所設立。
    • 10月 - 航空機用弁ばね、機関銃用ばね、自動車用大型ばねの製造開始。
  • 1936年(昭和11年)4月 - 中央発條株式会社に商号変更。
  • 1941年(昭和21年)4月 - 愛知県愛知郡鳴海町(現在地)に鳴海工場完成。
  • 1948年(昭和23年)12月 - 企業再建整備法に基づく再建計画により新中央発條株式会社設立。(旧)中央発條株式会社は解散。
  • 1952年(昭和27年)11月 - ばね座金、JIS表示品目として指定される(表示許可番号第1990号)
  • 1954年(昭和29年)3月 - 現商号に変更。
  • 1961年(昭和36年)10月 - 名古屋証券取引所第2部に上場。
  • 1966年(昭和41年)10月 - 中発販売株式会社設立。
  • 1970年(昭和45年)10月 - 中発運輸株式会社設立。
  • 1977年(昭和52年)
    • 2月 - 本社工場、熱管理優良工場として通産大臣賞受賞。
    • 6月 - 株式会社東郷ケーブルに資本参加。
  • 1978年9月 - PM優秀事業場賞受賞(碧南工場)
  • 1985年(昭和60年)
  • 1986年(昭和61年)
    • 3月 - 中発精工株式会社に資本参加。
    • 9月 - 東証・名証各1部に上場。
  • 1996年6月 - 株式会社岐阜中発を設立。
  • 1997年6月 - 「車輌用エンジンバルブスプリング及びニットメッシュ製品の設計・開発及び製造」において ISO9001の認定取得。
  • 1998年
    • 1月 - 「窓開閉装置の設計・開発及び製造」においてISO9001の認定取得。
    • 7月 - 「指紋照合装置及び電子楽器用磁気変位センサ-の設計・開発及び製造」においてISO9001の認定取得。
    • 9月 - 「トランスミッションコントロ-ルケ-ブルの設計・開発及び製造」においてISO9001の認定取得。
  • 1998年12月 - 設立50周年記念式典挙行。
  • 1999年3月 - 「懸架コイルスプリングの設計・開発及び製造」においてISO9001の認定取得。藤岡工場(自動車懸架ばね及びコントロールケーブルを製造)において ISO14001の認定取得(2001年4月全工場で認定取得完了)。
  • 2000年3月 - QS9000の認定取得。
  • 2012年(平成24年)4月 - カスタマイズ市場へオリジナルブランド CHUHATSU PLUS を投入。

関連項目編集

外部リンク編集