メインメニューを開く

中央経済地区(ロシア語: Центра́льный экономи́ческий райо́н/Tsentralny ekonomichesky rayon)はロシアの12の経済地区の1つである。

  • 面積:48万4000km²
  • 人口:3050万人(2002年)
  • 平均人口密度:63/km²
  • 都市化率:80%以上
中央経済地区

Центра́льный экономи́ческий райо́н
(Tsentralny ekonomichesky rayon)
経済地区
中央経済地区の位置
中央経済地区の位置
ロシア

モスクワを中心とする工業地域である。主要都市はスモレンスクヤロスラヴリウラジーミルトゥーラジェルジンスクルイビンスクである。主要河川はヴォルガ川オカ川で、モスクワ・ヴォルガ運河とドン・ヴォルガ運河によってモスクワはカスピ海バルト海と繋がっている。多くの鉄道が走っている。[1]

その他の経済地区については、「ロシアの経済地区」を参照。

目次

行政区画編集

経済編集

中央経済地区は2008年国民総生産の32%を占める。機械工業、化学工業、繊維産業が栄えている。農業では亜麻野菜が多い。畜産も盛んである。

天然資源編集

リン鉱石褐炭、建築資材、泥炭が多い。

脚注編集