メインメニューを開く
中央線
基本情報
大韓民国の旗 大韓民国
起点 清凉里駅
終点 慶州駅
駅数 78
開業 1939年-1942年
運営者 韓国鉄道公社
路線諸元
路線距離 373.8 km
軌間 1,435 mm
線路数 複々線複線単線
電化方式 交流25,000V (清凉里駅 - 栄州駅)
最高速度 200 km/h
路線図
Korail Jungang Line.png
テンプレートを表示
中央線
各種表記
ハングル 중앙선
漢字 中央線
発音 チュンアンソン
日本語読み: ちゅうおうせん
英語 Jungang Line
テンプレートを表示

中央本線(チュンアンほんせん)は、大韓民国ソウル特別市東大門区にある清凉里駅から慶尚北道慶州市にある慶州駅を結ぶ韓国鉄道公社 (KORAIL) の鉄道路線である。1942年に全線開通した。


路線データ編集

  • 路線距離:373.8km(ただし清凉里駅 - 回基駅間1.4kmは京元線と重複)
  • 軌間:1435mm
  • 駅数:78(起終点駅、信号場・信号所・仮乗降場を含む)
  • 複々線区間:上鳳駅 - 忘憂駅 (0.6km)
  • 複線区間:清凉里駅 - 上鳳駅、忘憂駅 - 西原州駅、鳳陽駅 - 嶋潭駅、文殊駅 - 甕泉信号場 (121.5km)
  • 電化区間:清凉里駅 - 栄州駅(交流25,000V)207.0km

路線概要編集

中央線は、第二次世界大戦中に京城(現在のソウル)と慶州を結ぶ京釜線に次ぐ