メインメニューを開く

中央調査社(ちゅうおうちょうさしゃ)は東京都中央区にあり[1]世論調査市場調査を専門とする[2]一般社団法人。1954年設立[1]。欧文名称 Central Research Services, Inc.、略称CRS[1]。日本に55の支社を持ち[1]、常勤役職員37名[3]、2015年4月現在調査員790名[1]がいる。会長理事は西澤豊、常任理事は小林康有[4]日本の占領中に設立された国立世論調査所が占領終結後に整理された際、時事通信社の調査部門と国立世論調査所が合併して誕生した[5]内閣府の世論調査業務委託先のひとつ[6]社員電通博報堂日本放送協会四国電力北陸電力博報堂DYメディアパートナーズ時事通信社時事通信出版局時事通信フォト[4]プライバシーマーク取得済み[7](2015年に6回目の更新[3])。

一般社団法人中央調査社
CENTRAL RESEARCH SERVICES,INC.
種類 一般社団法人
本社所在地 日本の旗 日本
104-8179
東京都中央区銀座5-15-8
時事通信ビル7階
設立 1954年
法人番号 9010005018193
代表者 会長 大室 真生
常任理事 小林 康有
外部リンク https://www.crs.or.jp/
テンプレートを表示

目次

本社編集

本社所在地は東京都中央区銀座6-16-12丸高ビル[7]。東京都品川区西五反田7-1-1住友五反田ビル[8]の時期もあった。

役員編集

1954年9月21日に設立発起人会と設立総会が開かれ、初代会長として戸田貞三、常任理事として沼佐隆次、理事として小山栄三郡祐一杉道助長谷川才次藤本幸太郎古野伊之助堀越禎三松方三郎吉田秀雄与良ヱ、監事として上村藤吉高野善一郎が選出された[5]

公務員退職後に中央調査社理事(非常勤)になった人物として、元総務庁統計センター所長(平成14年就任)、元大蔵省印刷局長(平成18年就任)がいる[9]

中央調査報編集

1954年11月から発行されている中央調査社の月刊機関誌[10]。B5版、10ページ前後で、標本調査の理論、調査結果の紹介、出版物の案内などが掲載される[10]

出典編集

関連文献編集

関連項目編集

外部リンク編集