中央資料隊(ちゅうおうしりょうたい、英語Central Intelligence Service Unit ; C-ISU)は、市ヶ谷駐屯地にあった防衛大臣直轄の情報部隊。

中央資料隊
Central Intelligence Service Unit.JGSDF.JPG
シンボルマーク
創設 1954年昭和29年)10月15日
廃止 2007年平成19年)3月27日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位
兵科 諸職種混成
兵種/任務/特性 公刊情報収集・整理・通訳
所在地 東京都 新宿区
編成地 越中島
最終上級単位 防衛大臣直轄
担当地域 日本全国
テンプレートを表示

概要編集

陸上幕僚監部調査部(現運用支援・情報部)に対する情報支援(出版物の翻訳、地誌資料の収集・作成及び解析、国賓等に対する通訳支援)を主任務としていた。2007年3月27日付で廃止となり、翌28日、中央情報隊隷下の基礎情報隊として再編された。なお、昭和42年当時の中央資料隊の隊員数は229名であった[1]

過去には各方面隊にも方面資料隊が編成されていたが、1978年(昭和53年)に方面総監部調査部の資料課に吸収され廃止された(2010年以降、方面情報隊として順次編制開始)。


沿革編集

廃止時の組織編集

  • 隊本部
  • 第1科(東欧諸国に関する情報資料の収集整理を担当)
  • 第2科(中近東諸国を除くアジア諸国に関する情報資料の収集整理を担当)
  • 第3科(北米及び中南米諸国、西欧諸国、中近東諸国及びアフリカ諸国に関する情報資料の収集整理を担当)
  • 第4科(国内に関する情報資料の収集整理を担当)
  • 第5科(2個以上の科(整理科と電子計算機科は除く)の所掌事務に関連する情報資料の総合的な収集整理、並びに外国文書等の翻訳及び通訳を担当)
  • 技術科(科学技術情報資料の収集整理を担当)
  • 地誌科(国内及び国外の自然及び人文地理の調査、資料の整理、地誌の編纂、地域研究並びにこれらに必要な理論、技術の研究を担当)
  • 整理科(情報資料の接受と選別及び整理保管、海外報道の受信、情報資料の複製等の業務を担当)
  • 電子計算機科(電子計算機の管理及び運用を担当)
歴代の中央資料隊長
(特記ない限り1等陸佐)
氏名 在職期間 前職 後職
01 樋口忠
2等陸佐
1954年10月15日 - 1955年11月14日
02 宮崎正雄
(2等陸佐)
1955年11月15日 - 1959年03月16日 陸上幕僚監部第2部勤務
03 渡部悦郎 1959年03月17日 - 1960年07月31日
※1960年02月01日 1等陸佐昇任
第4管区総監部勤務 陸上幕僚監部補給課需品班長
04 鈴木義雄 1960年08月01日 - 1963年03月15日
※1961年07月01日 1等陸佐昇任
東北方面総監部勤務 第29普通科連隊
倶知安駐とん地司令
05 広瀬進 1963年03月16日 - 1965年03月15日 陸上自衛隊調査学校研究員 第5普通科連隊
06 大平四年生 1965年03月16日 - 1967年07月16日 西部方面総監部第2部長 陸上幕僚監部付
→1968年1月1日 退職(陸将補昇任)
07 林憲男 1967年07月17日 - 1970年07月15日 東部方面総監部 陸上幕僚監部第2部勤務
08 平原一男 1970年07月16日 - 1972年07月16日 西部方面総監部第2部長 中央資料隊勤務
09 大橋政夫 1972年07月17日 - 1974年03月15日 陸上自衛隊航空学校第1教育部長 調達実施本部
宇都宮駐在官事務所長
10 池本愈 1974年03月16日 - 1976年03月15日 中部方面総監部第2部長 陸上自衛隊調査学校長
(陸将補昇任)
11 松田哲郎 1976年03月16日 - 1977年07月31日 富士教導団副団長 陸上幕僚監部総務課付
→1977年10月12日 停年退官(陸将補昇任)
12 山田尚志 1977年08月01日 - 1979年01月09日 第39普通科連隊
弘前駐とん地司令
中央調査隊
13 廣木亨
(陸将補)
1979年01月10日 - 1980年07月31日 第5師団司令部幕僚長 陸上幕僚監部付
→1981年1月1日 退職
14 狩野信行
(陸将補)
1980年08月01日 - 1981年07月31日 中央資料隊勤務 第1師団副師団長
練馬駐とん地司令
15 鈴木覺
(陸将補)
1981年08月01日 - 1982年06月30日 陸上幕僚監部調査部調査第2課勤務 陸上自衛隊調査学校長
16 志賀謙三 1982年07月01日 - 1984年03月15日 中部方面総監部調査部長 自衛隊熊本地方連絡部
17 金澤孝一 1984年03月16日 - 1986年03月16日
※1985年12月03日 陸将補昇任
第37普通科連隊
信太山駐屯地司令
北部方面総監部幕僚副長
18 小林三郎 1986年03月17日 - 1987年07月31日 陸上自衛隊調査学校研究部長 退職(陸将補昇任)
19 鍬田利夫 1987年08月01日 - 1989年03月31日 陸上自衛隊九州地区補給処副処長 退職(陸将補昇任)
20 出口猛 1989年04月01日 - 1990年07月08日 中部方面総監部総務部長 第4師団副師団長
福岡駐屯地司令
21 緒方宏 1990年07月09日 - 1993年03月31日 防衛大学校教授 退職(陸将補昇任)
22 園部宏明 1993年04月01日 - 1995年06月29日 陸上幕僚監部調査部調査第2課長 第4施設団
大久保駐屯地司令
23 山岸征洋 1995年06月30日 - 1996年06月30日 陸上幕僚監部人事部募集課長 第4師団副師団長
兼 福岡駐屯地司令
24 嶋野隆夫 1996年07月01日 - 1997年12月07日 統合幕僚会議事務局第1幕僚室
総務運営調整官
兼 総務班長
陸上自衛隊調査学校長
(陸将補昇任)
25 村田拓生 1997年12月08日 - 1999年07月31日 第1空挺団副団長 中央調査隊長
26 山縣正明 1999年08月01日 - 2002年12月01日 第2師団司令部幕僚長 退職(陸将補昇任)
27 横山一 2002年12月02日 - 2004年03月31日 第8師団司令部幕僚長 退職(陸将補昇任)
28 森節夫 2004年04月01日 - 2006年12月05日 第2師団司令部幕僚長 退職(陸将補昇任)
宇都昌治 2006年12月06日 - 2007年03月27日 情報本部 中央情報隊副隊長

脚注編集

  1. ^ 昭和42年7月4日衆議院内閣委員会における島田豊政府委員答弁。

参考文献編集

中央資料隊20年のあゆみ

関連項目編集