中安 信三郎(なかやす しんざぶろう、1860年9月7日万延元年7月22日[1])- 1932年昭和7年)10月27日)は、日本の政治家。衆議院議員大日本国粋会会長。旧姓は小林。

中安信三郎

略歴編集

1860年(万延1年7月)に丹波国南桑田郡にて生まれる。和仏法律学校(現・法政大学)を卒業する。

京都市会議員・参事会員、京都府会議員などを経て、1908年明治41年)に第10回衆議院議員総選挙に当選する(以後2期当選、立憲同志会)。

1919年大正8年)に大日本国粋会の設立に参加し、理事長に就任し、1929年(昭和4年)に会長に就任する。

1932年(昭和7年)10月27日に死去、72歳。

著書編集

  • 『西陣織物新図案』(1891)

脚注編集

  1. ^ 『第拾壱回改選 代議士銘鑑』、国華新聞社、1912年。

参考文献編集

  • 『衆議院議員略歴』(衆議院事務局、1937)
  • 『京都府会議員列伝』佐野精一著(金口木舌堂、1894)

外部リンク編集