メインメニューを開く

地理編集

所沢市内北東部に位置し、富岡地区に所属する[5]南永井下新井北原町中富、および三芳町上富と隣接する。日本新都市開発株式会社(2003年に特別清算)が、椿峰ニュータウンに続いて三富新田の一角を分譲マンション分譲住宅地からなるニュータウンエステシティ所沢」としてバブル期に開発した。また。1989年に日本大学芸術学部所沢校舎が開校した。

西武新宿線航空公園駅から三芳パーキングエリア方向へ3kmほど離れており、エステシティ所沢へは路線バスが運行されている。

バブル崩壊により宅地開発が停滞し、自然も比較的多く残る。近年埼玉県道126号所沢堀兼狭山線が全線開通し、国道463号埼玉県道6号川越所沢線埼玉県道8号川越入間線国道16号へ繋がった事で自動車での交通の便が飛躍的に向上した。

面積編集

町丁別の人口・面積の内訳は以下の通り。

丁目 面積(m2[1]
中富南一丁目 124,230.6
中富南二丁目 125,403.5
中富南三丁目 121,211.2
中富南四丁目 285,647.8
656,493.1

地価編集

住宅地の地価は、2015年平成27年)1月1日公示地価によれば、中富南4丁目18番8の地点で11万5000円/m2となっている。[6]

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)9月30日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
中富南一丁目 152世帯 291人
中富南二丁目 425世帯 1,151人
中富南三丁目 543世帯 1,290人
中富南四丁目 618世帯 1,466人
1,738世帯 4,198人

交通編集

鉄道編集

バス編集

道路編集

交差点
  • 斎場南入口
  • 中富南

歴史編集

沿革編集

施設編集

教育
公共
  • ひかり児童館[7]
  • 中富南コミュニティーセンター
  • 遊水池(四丁目北東端)
公園[8]
  • 北新田公園
  • 道傍公園
  • 武野原公園
  • 中富南公園
  • 道傍東公園[* 2]
  • 武野原南公園
商業

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合の学区(校区)は以下の通り[10]

町丁 番・番地 小学校 中学校
中富南 全域 所沢市立中富小学校中富 所沢市立中央中学校並木

脚注編集

[ヘルプ]
出典
  1. ^ a b 2010年平成22年)国勢調査平成22年国勢調査”. 総務省統計局. 2014年9月閲覧。
  2. ^ a b 最新の人口について”. 所沢市 (2017年10月17日). 2017年10月20日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年10月20日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  5. ^ 所沢市公式「防災ガイド避難所マップ(富岡地区マップ) (PDF) 2014年08月閲覧
  6. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査”. 土地・建設産業局. 2014年7月14日閲覧。
  7. ^ ひかり児童館”. 所沢市役所. 2014年9月閲覧。
  8. ^ 富岡地区の公園”. 所沢市ホームページ. 2014年9月閲覧。
  9. ^ 所沢市の公園 道傍東公園”. さいたまなび. 2014年9月閲覧。
  10. ^ 住所別通学区域一覧表”. 所沢市役所. 2014年9月閲覧。
註釈
  1. ^ 地図などでは埼玉県立所沢養護学校とも表記される。
  2. ^ 道傍東公園には子ども池と呼ばれる水遊び場が設置されている[9]

外部リンク編集