メインメニューを開く

一般財団法人あんしん財団(あんしんざいだん)は、中小企業における特定保険業の実施、災害防止活動の促進などを行っている法人。かつての略称であるKSDは、「経営者」「災害」補償事業「団」の三文字から来ている。

一般財団法人あんしん財団
前身 財団法人ケーエスデー中小企業経営者福祉事業団
設立年 1964年
地位 一般財団法人
目的 企業経営者への福利厚生
本部 東京都新宿区信濃町34
事務総長 中島克己
ウェブサイト www.anshin-zaidan.or.jp

被雇用者保険の適用を受けない中小企業の経営者を中心に、労働災害に対する共済を提供する他(なお中小企業の経営者は労災保険の特別加入が可能)、職場環境の向上や福利厚生に対する助成などを行っている。

同様の財団である日本フルハップが近畿KSDを名乗っていたのは、近畿中小企業経営者災害補償事業団の略称に由来している。なお、当財団は関西中四国の2府13県は当財団の事業エリア外であり、フルハップとの競合は九州地方(沖縄県を除く)に留まっている。九州地方においては、取扱金融機関は当財団は普通銀行と信用組合に対し、フルハップは信用金庫としており棲み分けがなされている。

目次

沿革編集

  • 1964年(昭和39年) - 中小企業経営者災害補償共済会設立[1]
  • 1965年(昭和40年) - 財団法人中小企業経営者災害補償事業団に改称。
  • 1969年(昭和44年)- 東京都から財団許可
  • 1994年(平成6年) - 財団法人ケーエスデー中小企業経営者福祉事業団に改称。
  • 2000年(平成12年)- KSD事件発覚
  • 2003年(平成15年) - 財団法人中小企業災害補償共済福祉財団に改称。
  • 2015年(平成27年)- 一般財団法人化、あんしん財団に改称
  • 2018年(平成30年)-違法な配置転換を命じられて精神的な苦痛を受けたなどとして、職員の男女7人が財団に対して損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁(江原健志裁判長)の判決は2月26日、女性4人に対する慰謝料など計440万円を支払うよう財団に命じた。一方、男性3人に対する転勤命令は適法とした[2]

関連項目編集

出典編集

  1. ^ 法人概要 | 企業保険なら月々2000円のあんしん財団へ
  2. ^ 「転勤命令に違法判決 東京地裁」(『読売新聞』2018年2月27日、朝刊39面)

外部リンク編集