メインメニューを開く

中山 家範(なかやま いえのり、天文17年(1548年) - 天正18年7月26日1590年8月25日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。父は丹党加治氏一族の中山家勝北条氏照の家臣。通称は勘解由左衛門、助六助。は吉範とも。子に中山照守常陸水戸藩附家老中山信吉

父家勝は武蔵飯能豪族で、山内上杉氏の家臣だったが、のち後北条氏へ仕えた。主君氏照の元で勇戦し、その武名は関東一円に轟いた。

天正元年(1573年)、亡父家勝を弔うため、小庵であった武陽山能仁寺菩提寺として建立した。

天正18年(1590年)、豊臣秀吉による小田原攻めの折に八王子城へ篭城し、前田利家の助命を拒み、後北条家への節義を果たして討死にした[1]。享年43。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 小山譽城『徳川御三家付家老の研究』(清文堂出版、2006年) ISBN 4-7924-0617-X

関連項目編集