メインメニューを開く

中山 悌一(なかやま ていいち、1920年2月6日 - 2009年9月29日)は、日本バリトン歌手。東京芸術大学教授、武庫川女子大学教授、洗足学園大学客員教授。大分県出身。妻はピアニスト中山靖子(朝倉靖子)。

経歴編集

大分県出身。ドイツ歌曲を研究し1941年東京音楽学校卒業。木下保に師事。1952年柴田睦陸らと二期会を結成し、理事長を務める(1952-1998)。弟子には大賀典雄、宮原卓也、伊藤京子等がいる。

ミュンヘン高等音楽学校に留学してゲルハルト・ヒュッシュに師事。1956年帰国し演奏活動再開。以降放送などへの出演は800回を超える。 東京芸術大学教授、武庫川女子大学教授、洗足学園大学客員教授を歴任。

1950年および1957年毎日音楽賞受賞、1983年紫綬褒章受章、1991年勲三等瑞宝章受章。

2009年9月29日、老衰のため死去。89歳没[1]

出典編集

  1. ^ “二期会創設の中山悌一さん死去 バリトン歌手 89歳”. 朝日新聞. (2009年9月30日). オリジナルの2009年10月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091001181813/http://www.asahi.com/obituaries/update/0930/TKY200909300299.html 2009年10月1日閲覧。