メインメニューを開く

中山 愛親(なかやま なるちか)は、江戸時代中期から後期にかけての公卿権大納言正親町実連の子。官位正二位・権大納言、従一位中山家21代当主。

経歴編集

権大納言・中山栄親の養子となる。

宝暦11年(1761年参議に任命され、安永3年(1774年)権大納言に至る。天明2年(1782年議奏となり、光格天皇に近侍した。天皇の父・閑院宮典仁親王に対し太上天皇号を宣下することに腐心したが、幕府はこれを認めず事態は紛糾した(いわゆる「尊号一件」)。寛政5年(1792年)幕府の命により武家伝奏正親町公明と共に江戸に喚問され、老中松平定信と対談釈明したが、閉門を命じられた。帰洛したのち蟄居し、議奏を罷免された。

明治17年(1884年)従一位が贈られている。なお明治天皇は愛親の来孫に当たる[1]

尊号一件で愛親が勅使として江戸に下った際に、江戸城の11代将軍・徳川家斉の前で堂々たる抗議をしたという伝説が生まれ、これを元に『中山東下記』『中山伝記』といった小説(共に事件よりあまり隔たらない時期の成立と見られる)が密かに書かれている。またこの経過に触れている漫画として、みなもと太郎の『風雲児たち』がある。

系譜編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 愛親-忠尹-忠頼-忠能慶子孝明天皇典侍)-明治天皇