メインメニューを開く

中山桓公(ちゅうざんかんこう、? - 紀元前353年、在位:紀元前406年及び紀元前380年頃 - 紀元前353年)は、中山国の第3代君主。

楽羊によりいったん中山国は滅亡したが、紀元前380年頃に再建した。当初はに都を置いたが、後に霊寿に遷都し、南部国境に長城を築きに対抗した。

先代:
武公
中山国
第3代:前406年
前380年頃 - 前353年
次代:
成公