メインメニューを開く
本来の表記は「中山王𫲨𧊒」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
中山王シシ

中山王 𫲨𧊒(ちゅうざんおう しし)は、戦国中山国の第6代君主。在位はおよそ14年前後。𫲨𧊒壺の銘文によれば、彼は中山王サクの子ということである。

中山国はの内側に位置しており、趙を南北両地に分断しているため、趙の武霊王は、胡服騎射の改革を実行して以後、絶えず中山国を滅ぼす戦争を繰り広げた。

前306年、趙は中山を侵攻、蔓葭(現在の河北省石家荘市井陘県)まで数十里北進した。前305年、趙は二手に分かれて中山に進攻、武霊王の軍は鄗・石邑・封龍・東垣を攻め取り、牛翦の軍は丹丘・華陽二邑と鴟塞を攻め取り、中山の中央部にまで迫った。中山は四を割譲して和を求めた。

前303年、趙は再び兵を発して中山に進攻した。前301年、趙軍は中山国の国都霊寿に攻め入り、中山王はへ逃れた。前300年、趙は続けて兵を発して中山に進攻、扶柳を攻め取り、中山東部の辺境地帯はほとんど趙の得るところとなった。

中山は五度戦いに敗れ、五度領土を割譲して和を求め、中山の領土は大いに縮小し、実力も大いに弱まった。中山王𫲨𧊒は、ついに斉で死んだ。

先代:
王サク
中山国君主(王)
第6代:前312年 - 前299年
次代:
王尚

参考文献編集

  • 沈長雲 (2000) (中国語). 趙国史稿. 北京: 中華書局. ISBN 978-7-101-02671-9.