中山義秀文学賞

中山義秀文学賞(なかやまぎしゅうぶんがくしょう)は、中山義秀顕彰会が主催、白河市中山義秀記念文学館の共催で行われる、日本歴史小説時代小説を対象とした文学賞である。

目次

概要編集

1993年4月5日福島県西白河郡大信村(現在の白河市)に設立された「中山義秀記念文学館」の開館を記念して創設され、以来中山義秀顕彰会と大信村の主催、大信村教育委員会と中山義秀記念文学館の共催により行われていたが、大信村が市町村合併により白河市となってから現在の運営者に移る。受賞者には正賞と賞金100万円、大信特産コシヒカリ1俵が授与される。第9回(2003年)からは文学賞としては唯一の公開選考を行っている。また、受賞した作家は受賞記念講演を行っている。

受賞作一覧編集

第1回から第10回編集

回(年) 受賞者 受賞作 刊行
第1回(1993年) 受賞 中村彰彦 『五左衛門坂の敵討』 1992年4月 新人物往来社
第2回(1994年) 受賞 堀和久 『長い道程』 1993年10月 講談社
第3回(1995年) 受賞 大島昌宏 『罪なくして斬らる 小栗上野介』 1994年10月 新潮社
第4回(1996年) 受賞 佐江衆一 『江戸職人綺譚』 1995年9月 新潮社
第5回(1997年) 受賞 高橋直樹 『鎌倉擾乱』 1996年7月 文藝春秋
第6回(2000年) 受賞 飯嶋和一 『始祖鳥記』 2000年2月 小学館
第7回(2001年) 受賞 宇江佐真理 『余寒の雪』 2000年9月 実業之日本社
第8回(2002年) 受賞 杉本章子 『おすず 信太郎人情始末帖』 2001年9月 文藝春秋
第9回(2003年) 受賞 竹田真砂子 『白春』 2002年12月 集英社
候補 安部龍太郎 『生きて候』 2002年10月 集英社
雨宮周一郎 『私譚 霊仙記』 2002年12月 文芸社
鈴木由紀子 『花に背いて 直江兼続とその妻』 2002年7月 幻冬舎
諸田玲子 『犬吉』 2003年3月 文藝春秋

第11回から第20回編集

回(年) 受賞者 受賞作 刊行
第10回(2004年) 受賞 乙川優三郎 『武家用心集』 2003年8月 集英社
候補 海道龍一朗 『真剣
新陰流を創った男、上泉伊勢守信綱』
2003年10月 実業之日本社
佐々木譲 『天下城』【上下】 2004年3月 新潮社
第11回(2005年) 受賞 安部龍太郎 『天馬、翔ける』【上下】 2004年12月 新潮社
候補 高橋三千綱 『空の剣 男谷精一郎の孤独』 2004年8月 集英社
諸田玲子 『山流し、さればこそ』 2004年12月 角川書店
第12回(2006年) 受賞 池永陽 『雲を斬る』 2006年3月 講談社
候補 加藤廣 『信長の棺』 2005年5月 日本経済新聞社
宮本昌孝 『風魔』【上下】 2006年3月 祥伝社
第13回(2007年) 受賞 火坂雅志 天地人』【上下】 2006年9月 日本放送出版協会
候補 佐藤賢一 『女信長』 2006年6月 毎日新聞社
山本兼一 『雷神の筒』 2006年11月 集英社
第14回(2008年) 受賞 岩井三四二 『清佑、ただいま在庄』 2007年8月 集英社
候補 五十嵐貴久 『相棒』 2008年1月 PHP研究所
和田竜 『のぼうの城』 2007年12月 小学館
第15回(2009年) 受賞 植松三十里 『彫残二人』 2008年9月 中央公論新社
候補 葉室麟 『いのちなりけり』 2008年8月 文藝春秋
諸田玲子 『美女いくさ』 2008年9月 中央公論新社
第16回(2010年) 受賞 上田秀人 『孤闘 立花宗茂』 2009年5月 中央公論新社
候補 冲方丁 天地明察 2009年11月 角川書店
下川博 『弩』 2009年5月 小学館
候補辞退 高田郁 銀二貫 2009年6月 幻冬舎
第17回(2011年) 受賞 澤田瞳子 『孤鷹の天』 2010年9月 徳間書店
候補 佐藤賢一 『新徴組』 2010年8月 新潮社
諸田玲子 『お順 勝海舟の妹と五人の男』【上下】 2010年12月 毎日新聞社
第18回(2012年) 受賞 西條奈加 『涅槃の雪』 2011年9月 光文社
候補 安住洋子 『春告げ坂 小石川診療記』 2011年11月 新潮社
伊東潤 『黒南風の海
加藤清正「文禄・慶長の役」異聞』
2011年7月 PHP研究所
第19回(2013年) 受賞 天野純希 『破天の剣』 2012年12月 角川春樹事務所
候補 野口卓 『遊び奉行』 2012年12月 祥伝社
吉川永青 『時限の幻』 2012年10月 幻冬舎
第20回(2014年) 受賞 伊東潤 『峠越え』[1] 2014年1月 講談社
候補 村木嵐 『雪に咲く』 2013年12月 PHP研究所
玉岡かおる 『虹、つどうべし 別所一族ご無念御留』 2013年11月 幻冬舎

第21回から第30回編集

回(年) 受賞者 受賞作 刊行
第21回(2015年) 受賞 風野真知雄 『沙羅沙羅越え』[2] 2014年6月 KADOKAWA
候補 朝井まかて 『御松茸騒動』 2014年12月 徳間書店
今井絵美子 『群青のとき』 2014年12月 KADOKAWA
第22回(2016年) 受賞 朝井まかて (くらら)』[3] 2016年3月 新潮社
候補 奥山景布子 『たらふくつるてん』 2015年9月 中央公論新社
門井慶喜 『家康、江戸を建てる』 2016年2月 祥伝社
第23回(2017年) 受賞 梓澤要 『荒仏師 運慶』[4] 2016年5月 新潮社
候補 早見俊 『うつけ世に立つ 岐阜信長譜』 2016年9月 徳間書店
吉川永青 『裏関ヶ原』 2016年12月 講談社

歴代選考委員編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集