中山駅 (台北市)

台湾の台北市の鉄道駅

中山駅(なかやまえき)は台湾台北市中山区大同区に跨って位置する、台北捷運鉄道駅。電車内の日本語放送は訓読みの「なかやま」。

中山駅
Exit 4, MRT Zhongshan Station 20191208.jpg
出口4
中山
ヂョンシャン
Zhongshan
所在地 台湾台北市中山区大同区南京西路16号B1
所属事業者 台北大衆捷運股份有限公司
台北捷運
駅構造 地下駅
ホーム 各1面2線(計2面4線)
乗車人員
-統計年度-
(#利用状況節参照)
-人/日(降車客含まず)
乗降人員
-統計年度-
(#利用状況節参照)
-人/日
開業年月日 1997年3月28日
乗入路線 2 路線
所属路線 淡水信義線
駅番号 R11
キロ程 ? km(淡水起点)
R12 双連 (? km)
(? km) 台北車站 R10
所属路線 松山新店線
駅番号 G14
キロ程 ? km(松山起点)
R13 北門 (? km)
(? km) 松江南京 R15
テンプレートを表示
中山駅
各種表記
繁体字 中山站
簡体字 中山站
拼音 Zhōngshān Zhàn
通用拼音 Jhongshan Jhàn
注音符号 ㄓㄨㄥ ㄕㄢ ㄓㄢˋ
ラテン字 Chungshan Chan
発音: ヂョンシャン ヂャン
台湾語白話字 Tiong-san Chām
台湾語発音: Tiong-san tsām
客家語白話字: Chûng-sân Chhàm
日本語漢音読み ちゅうざんえき
日本語慣用読み なかやまえき
英文 Zhongshan Station
テンプレートを表示

利用可能な鉄道路線編集

台北捷運
  淡水信義線 - 駅番号は「R11[1]
  松山新店線 - 駅番号は「G14[1]

歴史編集

  • 1997年
    • 3月28日 - 淡水線開通とともに中山駅開業[2](p327)
    • 12月25日 - 淡水線中山駅より南に延伸し台北駅まで開通する[2](p327)
  • 2001年9月17日 - 台風による水害で全線運行停止、当駅が再開したのは約2週間後だった
  • 2014年11月15日 - 松山線開業[3]
  • 2015年
    • 5月29日 - 淡水信義線にホームドア使用開始[4]
    • 7月20日 - 出口4付近で27歳男がナイフを振り回し、4人負傷。男は現行犯逮捕[5]

駅構造編集

 
淡水信義線ホーム
 
松山新店線ホーム
 
改札口

淡水信義線ホームは地下2階に位置する。島式ホーム1面2線を有しており、ハーフハイトタイプのホームドア(可動式ホーム柵)が設置されている。ホームの一部は吹き抜け構造になっている。

松山新店線ホームは地下4階に位置する。島式ホーム1面2線を有しており、フルハイトタイプのホームドアを有する。

改札階は地下1階に有り、改札口は西側と東側の2箇所ある。トイレは両方の改札口の改札外にそれぞれある。東側の改札口は中山地下街中国語版と直結している。

のりば編集

1   淡水信義線(上り) 北投淡水方面
2   淡水信義線(下り) 大安象山方面
3   松山新店線(上り) 松山方面
4   松山新店線(下り) 台電大楼新店方面

駅出口編集

  • 出口1:新光三越二館
  • 出口2:新光三越本館
  • 出口3:中山北路二段
  • 出口4:新光三越三館  
  • 出口5:赤峰街  (総合開発ビル内)
  • 出口6:承德路一段  (総合開発ビル内)

利用状況編集

各年度の乗車人員は以下の通り。

年間 1日平均
乗車 下車 乗下車計 出典 乗車 乗下車
1997 3,613,173 3,753,033 7,366,206 [注 1] 13,635 27,797
1998 3,126,520 3,420,458 6,546,978 [7] 8,566 17,937
1999 5,286,070 5,682,971 10,969,041 14,482 30,052
2000 8,167,011 8,525,299 16,692,310 22,314 45,607
2001 8,887,787 9,165,339 18,053,126 不算出[注 2]
2002 9,065,270 9,271,275 18,336,545 24,836 50,237
2003 9,155,830 9,666,757 18,822,587 25,084 51,569
2004 10,334,476 10,749,939 21,084,415 28,236 57,608
2005 10,700,888 11,116,499 21,817,387 29,318 59,774
2006 10,904,046 11,272,251 22,176,297 29,874 60,757
2007 10,978,179 11,367,693 22,345,872 30,077 61,222
2008 10,911,535 11,314,857 22,226,392 29,813 60,728
2009 10,722,174 11,159,562 21,881,736 29,376 59,950
2010 10,831,173 11,303,538 22,134,711 29,674 60,643
2011 11,086,541 11,515,968 22,602,509 30,374 61,925
2012 11,279,409 11,692,481 22,971,890 30,818 62,765
2013 10,877,894 11,206,198 22,084,092 29,802 60,504
2014 11,687,582 12,105,241 23,792,823 32,021 65,186
2015 13,053,621 13,429,219 26,482,840 35,763 72,556
2016 13,705,168 14,108,914 27,814,082 37,446 75,995
2017 13,849,566 14,222,001 28,071,567 37,944 76,908
2018 14,529,574 14,971,389 29,500,963 39,807 80,825
2019 15,685,662 16,175,896 31,861,558 42,974 87,292
2020 13,818,827 14,207,047 28,025,874 37,756 76,573
2021 10,912,126 11,131,243 22,043,369 29,896 60,393

駅周辺編集

路線バス編集

路線 運行事業者 区間 備考
12 大都会客運 東園 - 民生社区中国語版
26 首都客運中国語版 社子中国語版 - 行天宮
46 大都会客運 松德中国語版 - 台北橋
52 欣欣客運中国語版 興隆站 - 中興醫院中国語版
266 大南汽車中国語版 新北投 - 捷運市政府駅
266区間 大南汽車 中正高中 - 捷運市政府駅
282 指南客運中国語版 動物園 - 円環
282副 指南客運 動物園 - 円環 信義快速道路中国語版
288 大南汽車 捷運明徳駅 - 呉興街
288区間 大南汽車 児童新楽園中国語版 - 呉興街
292 首都客運中国語版 二重中国語版 - 捷運麟光駅 世貿中心経由。
292副 首都客運 二重 - 捷運麟光駅 通化街経由。
306 三重客運中国語版
大都会客運
蘆洲 - 凌雲五村
舊荘 - 蘆洲
306区間 大都会客運 舊莊 - 台北橋
539 首都客運 三重 - 台北車站
605快 中興巴士中国語版 汐止 - 台北車站
622 三重客運 泰山 - 捷運中山駅
636 三重客運 迴龍中国語版 - 円環 新北市公車中国語版に属する。
711 中興巴士 汐止 - 円環
1501 指南客運 五股 - 動物園 新生南路経由、4段階運賃距離制。
1505 指南客運 淡海中国語版 - 中和 4段階運賃距離制。
棕9 首都客運 東湖 - 円環
紅25 首都客運 南港 - 捷運中山駅

隣の駅編集

台北捷運
  淡水信義線
双連駅 (R12) - 中山駅 (R11) - 台北車站駅 (R10)
  松山新店線
松江南京駅 (G15) - 中山駅 (G14) - 北門駅 (G13)

脚注編集

[脚注の使い方]

註釈編集

  1. ^ 平均値は有料化後の4/11以降で算出[6]
  2. ^ 台風ナーリー(納莉)の影響で9/17 8:00以降運休、10/1運行再開[2](p122-124、129)

出典編集

  1. ^ a b “臺北捷運車站站名增加編號作業 已完成初步設計 近期報請市府核定 預計明年8月前全面更新” (中国語) (プレスリリース), 台北捷運, (2016年4月11日), オリジナルの2016年4月11日時点におけるアーカイブ。, http://www.metro.taipei/ct.asp?xItem=174103819&ctNode=70050&mp=122035 2016年4月11日閲覧。 
  2. ^ a b c (繁体字中国語)徐榮崇 (2015年12月). 續修臺北市志 卷五 交通志 捷運篇 第二章 捷運系統技術與工程興建 第四節 臺北捷運工程興建 五、捷運重大事件紀錄 (三)災害與更新. 臺北市文獻委員會. pp. 頁121-132. ISBN 9789860469875. https://tm.ncl.edu.tw/article?u=006_104_000157 
  3. ^ 戴雅真, 《捷運松山線 103年底通車》, 中央社, 2013年10月23日
  4. ^ 防跳軌 北捷15站設月台門 Archived 2010年9月29日, at the Wayback Machine.
  5. ^ (繁体字中国語)“北捷中山站傳隨機砍人 4人受傷”. 風傳媒. (2015年7月20日). https://www.storm.mg/article/58031 
  6. ^ 臺北市政府主計處 (1998-6). “捷運淡水線各站進出人次=Number of Passengers of Rapid Transit for Tamshui -by All Stations (1997)”. 臺北市統計要覽 (Report) (中華民國86年 ed.). 國家圖書館 政府統計資訊網. pp. 494-497. https://twinfo.ncl.edu.tw/tiqry/hypage.cgi?HYPAGE=search/merge_pdf.hpg&type=s&dtd_id=11&sysid=T0504825. 
  7. ^ 臺北大眾捷運股份有限公司 (2022年2月15日). “臺北捷運各站進出人次”. 「臺北市交通統計資料庫查詢系統」. 臺北市政府交通局. 2022年2月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集