メインメニューを開く

中島健(なかじま けん、1914年 - 2000年)は、日本の造園家作庭家。国内では法人から吉田茂をはじめ、田中角栄河野一郎らの邸宅の庭園など、政財界の要人の邸宅の庭を設計施工のほか、世界各国で日本庭園を作庭。国内650ヶ所以上、海外20ヶ所以上の庭園を設計・施工管理したという。

人物編集

暁星中(旧制)から早稲田大学付属第二高等学院を経て、1934年に東京高等造園学校(現・東京農業大学地域環境科学部造園科学科)に入学する。卒業後は京都にある歴史的庭園の実測調査に従事した後、東京仙川の地で庭園設計事務所を設立、作家活動に入る。

経歴編集

  • 1914年(大正3年)4月、電業社原動機製造所(現・電業社機械製作所)を1905年に創業した父・中島平八郎の四男・末っ子として東京府東京市で生まれる。幼少期は初台で育ち、のちに仙川に移る
  • 旧制暁星中学から1931年(昭和6年)、早稲田大学付属第二早稲田高等学院に進学し、1934年(昭和9年)修了。同年、東京高等造園学校入学
  • 1937年(昭和12年)3月、東京高等造園学校卒業。同年4月から1年間、京都において久恒秀治らと古庭園の実測調査研究に参加。
  • 1938年(昭和13年)8月から1942年(昭和17年)3月まで、東京高等造園学校助教授
  • 1947年(昭和22年)4月から1951年(昭和26年)3月までおよび1972年(昭和47年)4月から1978年(昭和53年)3月まで、新制となった東京農業大学講師を務める
  • 1957年(昭和32年)11月、綜合庭園研究室を設立する
  • 1980年(昭和55年)7月、綜合庭園研究室を株式会社に組織変更し代表取締役に就任

受賞歴編集

  • 1969年(昭和44年)川口市グリーン・センター他一連の造園設計で、日本造園学会賞計画設計作品部門を受賞
  • 1981年(昭和56年)東京農業大学造園大賞。建設大臣表彰
  • 1984年(昭和59年)外務大臣表彰
  • 1986年(昭和61年)勲五等双光旭日章受章。日本公園緑地協会北村賞受賞(日本公園緑地協会創立50周年記念表彰)
  • 1987年(昭和62年)道路緑化保全協会表彰
  • 1992年(平成4年)世田谷区長よりウィーン市ドプリング区世田谷公園建設にたいする表彰
  • 1994年(平成6年)日本公園緑地協会佐藤国際交流賞
  • 1995年(平成7年)日本造園コンサルタント協会功労賞
  • 1998年(平成10年)日本造園学会上原敬二賞。オーストラリアカウラ市名誉市民

主な作品編集

参考文献編集

  • UTBLICK“LANDSKIP”NR31988
  • SAJIB“Quatre-tempS”Ⅴ0112-21988
  • ArchlturalDeslgn JapaneseGardenvol140ct1959
  • Bulletln122 (社)日本建築家協会、1998.
  • 庭「庭をめぐる人々1415」116・117号 建築資料研究社 1997年7月号,9月号
  • 「AERAリポート・庭園」 朝日新聞1990年11.6号