中島 唱子(なかじま しょうこ、1966年5月7日[1] - )は日本女優東京都葛飾区出身。千葉市立天戸中学校八王子高等学校卒業[1]。所属事務所はオー・エンタープライズなどを経て現在はMe&Herコーポレーション所属。本名同じ[1]

なかじま しょうこ
中島 唱子
生年月日 (1966-05-07) 1966年5月7日(57歳)
出生地 東京都葛飾区
国籍 日本の旗 日本
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1983年 -
活動内容 1983年:「ふぞろいの林檎たち
1983年:「スチュワーデス物語」(第6話、第11話に出演)
配偶者 あり(2002年 ‐ )
主な作品
テレビドラマ
ふぞろいの林檎たち
スチュワーデス物語
渡る世間は鬼ばかり
テンプレートを表示

来歴・人物 編集

高校在学中から演劇学校に通う[1]1983年に『ふぞろいの林檎たち』にてデビューし、いきなり当たり役を得る。

2000年からは『渡る世間は鬼ばかり』にレギュラー出演。イヤミな役どころを演じきり、代表作となる。

「太めの体型で容姿にコンプレックスを持つ役柄」が定番だったが、後にダイエットに成功し、1995年11月20日にフォト&エッセイ集『脂肪』(写真:荒木経惟新潮社)を出版し、ヌードを披露した。同年12月から1997年2月まで「文化庁派遣芸術家在外研修員」としてニューヨークに留学。また、ニューヨークでの生活体験を書いた連載エッセイ「N.Y.留学徒然草」(『Tokyosant』、6回)、「ニューヨーク永住計画」(『クロワッサン』、6回)も話題になった。

2002年に現地のジャズミュージシャンと結婚して以降、ニューヨーク在住。

古伊万里コレクターの一面があり、長年、古伊万里の陶磁器を収集している。

2012年1月10日放送の『開運!なんでも鑑定団』にゲスト出演した際、自らが東京ビッグサイトで行われた骨董市で買ったと言う猪口を鑑定してもらったところ、中島誠之助から「良いものですね」と評価され、「目利きの才能がある」とまで言わしめた[2]。しかも、この時、本人評価額と鑑定額が同一[3]になったことで目利き認定証も贈られた(認定証贈呈は初めての贈呈者が出た一般視聴者[4]に次いで史上2人目であるが、ゲスト依頼人では初めての出来事)。

プライベートでは久本雅美や『ふぞろい』シリーズで共演した手塚理美高橋ひとみらと親交がある(特に久本は留学先まで出向いて逢いに行くほどの間柄)。

出演 編集

テレビドラマ 編集

バラエティ 編集

映画 編集

舞台 編集

CM 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ インターネットテレビ・ウェブドラマの地上波放送。

出典 編集

  1. ^ a b c d 河北新報 1986年10月24日朝刊 24面「登場」コーナー
  2. ^ 2012年1月10日放送。
  3. ^ 古伊万里の猪口テレビ東京『開運!なんでも鑑定団』、2012年1月10日。
  4. ^ 2011年3月29日放送。品川弥二郎の書、テレビ東京『開運!なんでも鑑定団』、2011年3月29日。
  5. ^ ““平凡OL”瀧本美織、“イケメン御曹司”岐洲匠と一夜をともに!?”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年4月3日). https://www.sanspo.com/article/20200403-JV6MNW5RMFIGXIGGJNON5V7ECU/ 2020年4月3日閲覧。 

外部リンク 編集