中島 宣長(なかしま のりなが)は、鎌倉時代尾張国中島郡中島村の中島城主。通称中島 蔵人(なかしま くらんど)。官位は左衛門尉

  • 中島氏は嵯峨天皇第十二子河原院(左大臣源融)の末裔、嵯峨源氏に属する。
  • 1221年承久3年)6月5日に尾張国中島郡に土着し、地名をとって中島氏を称するようになる。
  • 源融十三代の子孫が初めて「中島左衛門尉宣長」と名乗り、同地を領したとされる。

宣長とその子孫は歴代「中島蔵人」とも号していた。

資料編集

  • 「円光大照禅師行状」
~師、尾州中島郡人。其先嵯峨天皇第十二子河原院也。以延慶三年庚戌年生於源氏。
~尾張国住人中島左衛門尉宣長の名があり。宣長は承久の乱に際して後鳥羽上皇方に味方し、一時所領を没収される。貞和4年(1348年)、臨済宗妙興寺が創建され、土地の豪族中島氏、荒尾氏が領地を寄進する。

関連項目編集