メインメニューを開く

中島 昭彦(なかしま あきひこ、1944年 - )は日本歯科医師歯学者九州大学大学院歯学研究院口腔保健推進学講座咬合再建制御学分野名誉教授。歯科矯正学の分野で知られる。

中島昭彦
生誕 1944年[1]
福岡県福岡市[1]
居住 日本の旗 日本
研究分野 矯正・小児系歯学
研究機関 九州大学
出身校 九州歯科大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

経歴編集

福岡県福岡市生まれ[1]1969年九州歯科大学を卒業、同大学院進学後、1971年より九州大学助手、講師を努め、1992年より教授に就任[1]

1976年 九州歯科大学より 歯学博士号を与えられた。論文の題は 「咀嚼機能に関与する二、三の生理学的要因の分析 」[2]

著作編集

  • 中島昭彦「第4章 顎顔面・頭蓋の機能分析 1. 筋機能」『顎変形症治療アトラス』高橋庄二郎黒田敬之飯塚忠彦医歯薬出版、2001年5月1日。ISBN 978-4-263-44120-6
  • 中島昭彦「3章 成長発育 IV 口腔機能の発達・19章 保定 I 保定とは」『歯科矯正学』相馬邦道飯田順一郎山本照子葛西一貴後藤滋巳医歯薬出版、2008年3月25日、第5版。ISBN 978-4-263-45615-6

所属団体編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 「教育講演I 「美しく魅力的な顔」とは ―顔の評価における生物学的背景を考える―」『接着歯学』第25巻第2号、日本接着歯学会東京都豊島区、2007年、 55頁、 ISSN 0913-1655
  2. ^ 博士論文書誌データベース
  3. ^ 大会プログラム一覧”. 第63回 日本矯正歯科学会大会事務局. 2012年9月9日閲覧。
  4. ^ 役員”. 日本顎変形症学会. 2012年9月9日閲覧。
  5. ^ 九州矯正歯科学会”. 日本矯正歯科学会. 2012年9月9日閲覧。