メインメニューを開く
中島琢之

中島 琢之(なかじま たくし[1]1885年明治18年)3月29日[2] - 1956年昭和31年)7月14日[1])は、日本の衆議院議員立憲民政党)、津山市長医師

経歴編集

岡山県苫田郡高野村(現在の津山市)出身。1906年(明治39年)、第一高等学校を卒業[2]1910年(明治43年)に東京帝国大学医科大学を卒業した[2]。東京帝国大学医科大学内科に勤務した後、日本医学専門学校(現在の日本医科大学)教授・附属病院内科部長に就任した[3]1914年大正3年)、津山に中島病院を開院[2]。苫田郡医師会長、美作五郡連合医師会長を歴任した[3]

1929年(昭和4年)、津山市会議員に当選し、議長に選出された。翌年の第17回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。

さらに1935年(昭和10年)、1938年(昭和13年)、1951年(昭和26年)の3度にわたって津山市長に選出された。

脚注編集

  1. ^ a b 『昭和物故人名録』
  2. ^ a b c d 『全国市長銘鑑』pp.104-105
  3. ^ a b 『衆議院要覧』

参考文献編集

  • 『自治制実施五十周年記念 全国市長銘鑑』帝国自治協会、1938年。
  • 『衆議院要覧(乙) 昭和五年四月』衆議院事務局、1930年。
  • 『昭和物故人名録』日外アソシエーツ、1983年。