メインメニューを開く

中島 盛夫(なかじま もりお、1945年[1] - )は、福島県相馬郡飯舘村出身[1])の銭湯絵師(いわゆるペンキ絵師)。日本に3人いるペンキ絵師の1人(他の二人は丸山清人田中みずき)。丸山清人とは兄弟弟子[2]で、田中みずきは弟子。

目次

人物編集

中学校2年生の時に福島県相馬市に転居。18歳で上京し墨田区向島でゴム製部品の製造工場に勤務していたが、1964年(昭和39年)、偶然に入った銭湯で見た『大きな富士山』の背景画に感銘を受け、すぐに背景広告社へ転職し、丸山喜久男[注 1]に師事 [4]

指の怪我をしてしまった際、空塗りにローラーを使用。ローラーを用いると大変早く描き終えられるようになった(銭湯の通常定休である1日の間に(1面を2・3時間で)完成させることができるようになった。1日で2件かけもちすることもあった)[5]。やがて、この手法は他の絵師へも広がった[1]

富士山を得意とするが、見附島など様々な風景を手掛ける。[要出典]

ペンキ絵師の田中みずきは弟子(2004年 弟子入り、2013年 独立)[6]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 丸山清人の叔父[3]

出典編集

  1. ^ a b c 中島盛夫 プロフィール”. 銭湯絵師・中島盛夫 公式ホームページ. 2019年2月27日閲覧。
  2. ^ 丸山清人 プロフィール”. 銭湯絵師 丸山清人公式ホームページ (2018年4月13日). 2019年3月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年4月10日閲覧。
  3. ^ 銭湯の背景画を描き続けて60年! 絵師 丸山清人さんインタビュー”. 東京銭湯. 東京都浴場組合 (2006年3月4日). 2019年4月10日閲覧。
  4. ^ ねりま人017 中島盛夫さん”. ねりま大好き!. 練馬区観光協会 (2008年2月1日). 2016年2月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年4月10日閲覧。
  5. ^ 数少ない銭湯の背景画師 富士山と松 立体的に 中島盛夫さん:東京達人列伝”. 東京新聞 TOKYO Web (2008年12月8日). 2009年3月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年4月10日閲覧。
  6. ^ 銭湯絵師という仕事-田中みずき”. ニッポンドットコム (2017年2月24日). 2019年4月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集