中嶋 敏(なかじま さとし、1910年 - 2007年[1])は日本の東洋史学者。東京教育大学名誉教授

来歴編集

1910年、石川県生まれ。1927年静岡県立静岡中学校卒業[2]東京帝国大学文学部東洋史学科卒業。東方文化学院研究員、民族研究所を経て、東京高等師範学校、東京教育大学教授、大東文化大学教授。東京教育大学名誉教授、東洋文庫研究員・評議員。

著書編集

  • 『晉書食貨志譯註』中嶋敏 編(東洋文庫、2007年)[1]
  • 『宋史食貨志譯註』中嶋敏 編(東洋文庫、2006年)[1]
  • 『八岳雑草』中嶋敏 編著(中嶋敏、2004年)[1]
  • 『宋史食貨志譯註』中嶋敏 編(東洋文庫、2004年)[1]
  • 『五代と宋の興亡』共著(講談社、2004年)[1]
  • 『宋史食貨志譯註』中嶋敏 編(東洋文庫、2002年)[1]
  • 『東洋史學論集』中嶋敏 著(汲古書院、2002年)[1]
  • 『宋史選擧志譯註』中嶋敏 編(東洋文庫、2002年)[1]
  • 『宋史食貨志譯註』中嶋敏 編(東洋文庫、1999年)[1]
  • 『西夏支配時代』中嶋敏 著(大東出版社、1980年)[1]
  • 『五代・宋』共著(講談社、1974年)[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 中嶋 敏 - Webcat Plus”. webcatplus.nii.ac.jp. 2022年3月27日閲覧。
  2. ^ 『静中・静高同窓会会員名簿』平成15年度(125周年)版 55頁。

関連項目編集

外部リンク編集