中嶋 明勲(なかじま あきのり、1933年12月23日 - 2010年4月21日[1])は、教育社会学者。

仙台市出身。東北大学教育学部卒、同大学院博士課程修了、「社会学的教育思想の形成 フランスに於ける「社会学主義」を中心に」で教育学博士愛知教育大学助教授、教授、90年名誉教授、名古屋工業大学教授、金城学院大学教授、東北学院大学教授。[2] 長男は分子生物学者・東北大学准教授の中嶋正道(1960 - )。

著書編集

  • 『社会学的教育思想の形成』風間書房 1980
  • 『現代の児童 児童社会学』高文堂出版社 社会学全書 1986
  • 『現代社会のひずみ』高文堂出版社 1995
  • 『「老いと死」のバラード』高文堂出版社 1999
  • 『フランス教育社会学研究』風間書房 1999

共編著編集

  • 『現代地域社会と教育』星永俊共編著 川島書店 1985
  • 『変貌する地域社会の生活と教育』渡辺安男共編著 ミネルヴァ書房 1991
  • 『21世紀への社会教育 生涯学習の理論と実践』星永俊共編著 ミネルヴァ書房 1992

翻訳

論文編集

脚注編集

  1. ^ 中嶋明勲氏死去:47ニュース
  2. ^ 『現代日本人名録』2002年