中嶋 隆(なかじま たかし、1952年 - )は、日本国文学者小説家。専門は日本近世文学、特に井原西鶴をはじめとした浮世草子学位は、文学博士早稲田大学論文博士・1997年)(学位論文「初期浮世草子の研究」)[1]。早稲田大学名誉教授。

中嶋 隆
人物情報
生誕 1952年????
日本の旗 日本 長野県
出身校 早稲田大学
学問
研究分野 日本近世文学
研究機関 横浜国立大学
大阪大谷大学
早稲田大学
博士課程指導教員 暉峻康隆
谷脇理史
神保五弥
学位 文学博士
主な業績 井原西鶴の研究
西村本の研究
主な受賞歴 第16回窪田空穂賞
第8回小学館文庫小説賞
テンプレートを表示

人物

編集

長野県小諸市生まれ[2]都立九段高校を経て[2]、1977年早稲田大学第一文学部日本文学専攻卒業[3][4]、1978年同大学文学研究科博士前期課程修了[3][4]、1984年同大学院博士課程[3][4]。同年11月、第16回窪田空穂賞受賞[3][4]。1985年大谷女子大学日本文学科専任講師に着任[3][4]横浜国立大学助教授(1988年 - 1995年)を勤め[3][4]、1995年早稲田大学教育学部助教授[3][4]、1996年同教授[1][3][4]。1996年「初期浮世草子の研究」で文学博士の学位を取得[3][4]。2023年、早稲田大学を定年退職[2]

NHK Eテレ「古典への招待」講師を務めたほか、2007年『廓の与右衛門控え帳』で第8回小学館文庫小説賞を受賞し、作家デビュー[5]

著書

編集

単著

編集
  • 『世間子息気質・世間娘容気 江戸の風俗小説』(社会思想社 1990)
  • 西鶴と元禄メディア その戦略と展開』(日本放送出版協会 NHKブックス 1994)
  • 『初期浮世草子の展開』(若草書房 1996)
  • 『西鶴と元禄文芸』(若草書房 2003)
  • 『廓の与右衛門控え帳』(小学館 2007)、のち小学館文庫
  • 『新版 西鶴と元禄メディア その戦略と展開』(笠間書院 2011)
  • 『西鶴に学ぶ 貧者の教訓・富者の知恵』(創元社 2012)
  • 『はぐれ雀』(小学館 2014)- 縄田一男の書評あり[6]
  • 『補陀落ばしり物語』(ぷねうま舎 2020)
  • 『西鶴「誹諧独吟一日千句」研究と註解』(文学通信 2023)
  • 井原西鶴『好色一代男』(光文社古典新訳文庫 2023)

共編

編集

校訂

編集
  • 都の錦集』校訂 (国書刊行会 叢書江戸文庫 1989)
  • 『初期浮世草子』1-2 編(古典文庫 1992-94)
  • 『浮世祝言揃 元禄3年板』解題翻刻 (太平書屋 古版好色本選集 2010)
  • 『好色日用食性 元禄5年以前板』解題翻刻(太平書屋 古版好色本選集 2011)
  • 『好色春の明ほの 元禄六年板』解題翻刻(太平書屋 古版好色本選集 2012)

分担執筆

編集
  • 『新視点による西鶴への誘い』谷脇理史・広嶋進編(清文堂 2011)
  • 『もう一つの日本文学史』国文学研究資料館編(勉誠社 2016)
  • 『古典文学の常識を疑う』松田浩ほか編(勉誠出版 2017)
  • 『浮世草子大事典』長谷川強監修・『浮世草子大事典』編集委員会編(笠間書院 2017)

脚注

編集
  1. ^ a b 中嶋隆 researchmap 2022年5月閲覧
  2. ^ a b c 「中嶋隆先生略年譜・主要著作等目録」『国文学研究』第198巻、早稲田大学国文学会、2023年6月、144-145頁。 
  3. ^ a b c d e f g h i 中嶋隆教授 略歴・業績」『学術研究 : 人文科学・社会科学編』第71巻、早稲田大学教育・総合科学学術院、2023年3月、265-270頁。 
  4. ^ a b c d e f g h i 中嶋隆教授 略歴・業績」『早稲田大学大学院教育学研究科紀要』第33巻、早稲田大学大学院教育学研究科、2023年3月、79-84頁。 
  5. ^ 『はぐれ雀』著者紹介
  6. ^ 日本経済新聞社・日経BP社. “はぐれ雀 中嶋隆著 時間超えて迫る歴史の暗渠|null|NIKKEI STYLE”. NIKKEI STYLE. 2019年12月28日閲覧。