メインメニューを開く

中川一徳

中川 一徳(なかがわ かずのり、1960年 - )は、日本のフリージャーナリスト

目次

略歴編集

月刊『文藝春秋』記者として「事件の核心」、「黒幕」、「悶死-新井将敬の血と闇」などを執筆。2000年に独立し、事件、政治、経済などをテーマに執筆活動を続けている。

フジサンケイグループの権力闘争を描いた第1作『メディアの支配者』で第27回講談社ノンフィクション賞・第4回新潮ドキュメント賞を同時受賞した[1][2]

2012年には、フジテレビ退屈貴族』中の企画「東洋のランボー」で問題のある演出が行なわれた旨、週刊文春で告発を行なった(2012年3月8日号『発掘スクープ とんねるず番組だけじゃない フジテレビがヒタ隠す “火渡り”で老人に重傷を負わせた最低の番組』)。

著書編集

共著編集

脚注編集

  1. ^ 講談社ノンフィクション賞”. 講談社. 2018年8月9日閲覧。
  2. ^ 新潮ドキュメント賞 過去の受賞作品”. 新潮社. 2018年8月9日閲覧。