メインメニューを開く

中川 久恒(なかがわ ひさつね)は、豊後岡藩の第4代藩主。

 
中川 久恒
Nakagawa Hisatsune.jpg
中川久恒像(個人蔵)
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛永18年7月26日1641年9月1日
死没 元禄8年6月15日1695年7月25日
改名 清蔵(幼名)、久恒
戒名 栄松久山宝浄院
墓所 大分県竹田市城北町の碧雲寺
官位 従五位下、佐渡
豊後岡藩
氏族 中川氏
父母 父:中川久清、母:石川忠総の娘
兄弟 久恒久豊清正久和久旨久矩久周
正室:池田光政の娘
久通、鍋千代、熊千代、娘(仙石政明正室)

寛永18年(1641年)7月26日、第3代藩主・中川久清の長男として生まれる。寛文6年(1666年)4月29日、父の隠居により家督を継いだ。藩政においては寛文9年(1669年)の軽犯罪者取締の強化をはじめ、貞享4年(1687年)の捨て子禁止令など藩内の治安維持を図り、さらに関幸輔を招聘して文治教育にも尽力した。しかし生来から病弱だったため、天和2年(1682年)からは弟たちによって藩政が代行されている。

元禄8年(1695年)6月15日に死去した。享年55。跡を長男・久通が継いだ。

関連項目編集