メインメニューを開く

中川 久通(なかがわ ひさみち)は、豊後岡藩の第5代藩主。

 
中川 久通
Nakagawa Hisamichi.jpg
中川久通像(個人蔵)
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文3年5月28日1663年7月3日
死没 宝永7年2月28日1710年3月27日
改名 主膳(幼名)、久通
戒名 天真院
墓所 大分県竹田市城北町の碧雲寺
官位 従五位下、因幡
幕府 江戸幕府
豊後岡藩
氏族 中川氏
父母 父:中川久恒、母:池田光政の娘・左阿
兄弟 久通、鍋千代、熊千代
正室:酒井忠清の娘
主膳、亀次郎、久忠、娘(加藤泰統正室)、
娘(藤堂高敏正室)、娘(秋月種弘正室)

寛文3年(1663年)5月28日、第4代藩主・中川久恒の長男として生まれる。延宝5年(1677年)閏12月に従五位下、因幡守に叙任する。元禄8年(1695年)の父の死去により家督を継いだ。

元禄10年(1697年)、幕命により臼杵藩稲葉知通と共に豊後一図絵(元禄郷帳)の付図を献納した。しかし藩政においては、菩提寺である碧雲寺の焼失、地震による倒壊、正室の早世など災難が相次ぎ、それによる出費がもとで財政難を招いた。このため、宝永5年(1708年)に家臣から半知借り上げを実施し、さらに三男・久忠と共に二元政治を開始して藩内の安定化に努めている。また、土木政策にも尽力した。

宝永7年(1710年)2月28日に死去した。享年48。跡を三男・久忠が継いだ。