中川俊直

日本の旗 日本の政治家
中川 俊直
なかがわ としなお
生年月日 (1970-04-25) 1970年4月25日(46歳)
出生地 広島県東広島市
出身校 日本大学文理学部
早稲田大学大学院公共経営研究科専門職学位課程
前職 テレビ東京政治部記者
衆議院議員中川秀直秘書
現職 衆議院議員
所属政党 自由民主党細田派
称号 公共経営修士(専門職)(早稲田大学)
親族 祖父・中川俊思
父・中川秀直
公式サイト 中川俊直 RUN OFFICIAL HOME PAGE

選挙区 広島4区
当選回数 2回
在任期間 2012年12月18日[1] - 現職
テンプレートを表示

中川 俊直(なかがわ としなお、1970年4月25日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(2期)、経済産業大臣政務官第3次安倍第2次改造内閣)。日本精神対話学会会長。元テレビ東京社員(政治部記者

祖父は一級建築士佐藤胖と衆議院議員の中川俊思。父は自民党所属の元衆議院議員で科学技術庁長官内閣官房長官等を歴任した中川秀直早稲田大学大学院公共経営研究科専門職学位課程修了。

目次

人物編集

広島県東広島市出身。日本大学鶴ヶ丘高等学校日本大学文理学部社会学科卒業。日大卒業後、テレビ東京に入社。スポーツ局を経て報道局に配属された。政治記者となり、総理官邸・自民党・野党キャップの取材を担当した[2]

2001年のテレビ東京退社後は、父・秀直の公設・私設秘書として13年間勤めた[要出典](なお、この間の2006年4月、自らも東広島市長選挙に出馬したが、蔵田義雄に敗れ落選している[3]

2009年4月23日の講演にて、秀直は世襲候補者を巡る議論について触れたうえで、「私には息子が2人いるが、自分の選挙区衆院広島4区)を継がせるつもりはまったくない」[4]と述べた。同年5月13日発売の『週刊文春』には息子の俊直と共に登場し、秀直は「自分の選挙区から息子を出さない」、俊直自身も「父の選挙区から立候補しません」と発言し、「世襲放棄宣言」をしていたが[5]、父の引退表明後、自民党の公募に応募し父の選挙区を引きぐ形で広島4区から出馬が決定。2012年第46回衆議院議員総選挙に出馬し、前回の選挙で父を下した空本誠喜を破り初当選した[6]2014年第47回衆議院議員総選挙で再選。 2016年8月5日、第3次安倍第2次改造内閣で、経済産業大臣政務官に就任[7]

政策編集

  • ヘイトスピーチを法律で規制することに賛成。[8]
  • 選択的夫婦別姓制度の導入にどちらかといえば反対[9]

所属団体・議員連盟編集

  • 水制度改革議員連盟
  • 日本・宇宙議員連盟
  • 自動車議員連盟
  • 税理士制度改革推進議員連盟
  • 新聞販売懇話会
  • 行政書士制度推進議員連盟
  • 神道政治連盟国会議員懇談会
  • パチンコチェーンストア協会(政治分野アドバイザー、2015年1月時点)[10]

脚注編集

  1. ^ 平成24年(2012年)12月18日広島県選挙管理委員会告示第81号(衆議院小選挙区選出議員選挙において当選した者の住所及び氏名並びに当該当選人に係る候補者届出政党の名称)
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]
  4. ^ 「自民・中川元幹事長が『子供に世襲させない』宣言」『自民・中川元幹事長が「子供に世襲させない」宣言 - MSN産経ニュース産経デジタル2009年4月23日
  5. ^ 中川秀直・中川俊直「わが『世襲放棄』宣言――『二世天国』自民に捨て身の提言」『週刊文春』51巻19号、文藝春秋2009年5月21日、40-43頁。
  6. ^ 地盤引き継ぎ 4区・中川氏、初産経新聞 2012年12月22日閲覧
  7. ^ 副大臣.20人交代 閣議決定
  8. ^ 毎日新聞2014年衆院選アンケート
  9. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  10. ^ 「パチンコ業界 これが『御用政治家』」、しんぶん赤旗、2015年1月10日

外部リンク編集