メインメニューを開く

中川 治(なかがわ おさむ、1951年2月10日 - )は、日本政治家衆議院議員(2期)、大阪府議会議員(3期)などを務めた。父は寝屋川市議会議員を務めた中川清治。

中川 治
なかがわ おさむ
生年月日 (1951-02-10) 1951年2月10日(68歳)
出生地 日本の旗大阪府寝屋川市
出身校 大阪市立大学法学部中退
前職 衆議院議員
所属政党日本社会党→)
無所属→)
民主党→)
国民の生活が第一→)
日本未来の党
親族 父・中川清治(寝屋川市議)
公式サイト 中川おさむウェブサイト

選挙区 大阪18区
当選回数 2回
在任期間 2003年 - 2005年
2009年 - 2012年11月16日

選挙区 和泉市選挙区
当選回数 3回
在任期間 1991年 - 2003年
テンプレートを表示

来歴編集

大阪府寝屋川市出身。大阪府立寝屋川高等学校卒業。大阪市立大学法学部中退。

衆議院議員秘書や、部落解放同盟の研究部門である部落解放研究所勤務等を経て、1991年平成3年)に大阪府議会議員選挙に日本社会党公認で和泉市選挙区から出馬し、初当選。以後3期連続当選。

2003年第43回衆議院議員総選挙にて大阪18区岸和田市泉大津市、和泉市、高石市泉北郡忠岡町)から民主党公認で初出馬。保守地盤が厚い地域であり、長年自由民主党所属の中山太郎への支持の強い選挙区であったが、民主党躍進の波に乗り、小選挙区では敗北したものの比例近畿ブロックから比例復活して初当選。

2005年第44回衆議院議員総選挙でも大阪18区から出馬したが、首相小泉純一郎率いる自民党の小泉旋風に乗る中山に敗れ、比例復活できず落選。

2009年第45回衆議院議員総選挙でも大阪18区から出馬。関西の3空港の運営一元化などを含む独自のマニフェスト「泉州八策」を掲げ、中山を破り国政に復帰。

2012年消費増税をめぐる政局では、6月26日の衆議院本会議で行われた消費増税法案の採決で、党の賛成方針に反して反対票を投じた[1][2]。民主党は7月3日の常任幹事会で党員資格停止2カ月の処分とする方針を決定し[3][4][5][6][7]、7月9日の常任幹事会で正式決定した[8][9][10]

同年11月15日、民主党に離党届を提出[11][12][13](離党届は受理されず11月21日付で除籍処分となる[14])、同月21日、国民の生活が第一に入党することを表明した[15][16]。同党が合流した日本未来の党の公認候補[17] として12月16日の第46回衆議院議員総選挙に出馬したが、選挙区で破れ比例での復活もならず落選[18]

脚注編集

  1. ^ “反対・棄権・欠席した民主党衆院議員の顔ぶれ”. 読売新聞. (2012年6月26日). オリジナルの2012年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120629063641/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00001155-yom-pol 
  2. ^ “<消費増税法案>民主57人反対 事実上の分裂状態に”. 毎日新聞. (2012年6月26日). オリジナルの2012年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120629055717/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00000109-mai-pol 
  3. ^ “【民主分裂】一体改革関連法案をめぐる民主党の処分・措置等一覧(敬称略)”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120704214346/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070321090021-n1.htm 
  4. ^ “【民主分裂】離党届提出の衆院37人を除名 鳩山元首相は党員資格停止6カ月”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120703102153/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070315420018-n1.htm 
  5. ^ “小沢氏ら37人除籍=民主処分、鳩山氏は資格停止6カ月―離党組減り衆参49人”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120706051520/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120703-00000085-jij-pol 
  6. ^ “民主党:小沢元代表ら衆院37人除名、鳩山氏党員資格停止”. 毎日新聞. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120705212346/http://mainichi.jp/select/news/20120703k0000e010209000c.html 
  7. ^ “小沢氏ら37人除名処分へ 鳩山氏は党員資格停止6カ月”. 朝日新聞. (2012年7月4日). オリジナルの2013年4月24日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/FdGKU 
  8. ^ “鳩山氏は資格停止3カ月=小沢氏らの除籍決定―民主”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月9日). オリジナルの2012年7月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120712005450/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120709-00000114-jij-pol 
  9. ^ “鳩山元首相、党員資格停止3カ月に短縮 小沢元代表ら37人除籍処分は原案通り 民主党臨時常任幹事会”. 産経新聞. (2012年7月9日). オリジナルの2012年7月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120709140751/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120709/stt12070921200005-n1.htm 
  10. ^ “民主:鳩山元首相の処分半減 増税法案反対で”. 毎日新聞. (2012年7月9日). オリジナルの2012年8月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120807002014/http://mainichi.jp/select/news/20120710k0000m010062000c.html 
  11. ^ “民主・中川治氏が離党届”. 産経新聞. (2012年11月15日). オリジナルの2013年4月27日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/Y5Q9D 
  12. ^ “民主・中川治氏が離党届提出”. NHK. (2012年11月15日). オリジナルの2012年11月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20121118053438/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121115/t10013512561000.html 
  13. ^ “民主大揺れ=執行部、離党にお手上げ”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年11月15日). オリジナルの2012年11月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20121118061520/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121115-00000193-jij-pol 
  14. ^ “民主、離党届提出の13人を除名処分”. 朝日新聞. (2012年11月21日). オリジナルの2013年4月24日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/DGDtT 
  15. ^ (日本語) 民主離党の中川治氏、国民の生活に 大阪18区”. MSN産経ニュース (2012年11月21日). 2011年11月21日閲覧。
  16. ^ (日本語) 中川治氏が生活入りへ【12衆院選】”. 時事ドットコム (2012年11月21日). 2011年11月21日閲覧。
  17. ^ 民主、未来の党が公認候補発表 日本経済新聞 2012年12月2日
  18. ^ 衆院選:開票結果と当選者一覧 小選挙区・近畿(その1) 毎日新聞

外部リンク編集