メインメニューを開く

中川 龍太郎(なかがわ りゅうたろう、1990年1月29日 - )は、日本映画監督脚本家詩人

なかがわ りゅうたろう
中川龍太郎
生年月日 (1990-01-29) 1990年1月29日(29歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県川崎市
職業 映画監督脚本家詩人
事務所 株式会社 Tokyo New Cinema
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
監督
静かな雨
わたしは光をにぎっている
四月の永い夢
走れ、絶望に追いつかれない速さで
テンプレートを表示

来歴編集

神奈川県川崎市出身。桐蔭学園高等学校慶應義塾大学文学部国文学科卒業。

2007年、高校在学中、『詩集 雪に至る都』を出版。産経新聞「朝の詩」欄、やなせたかし主宰「詩とファンタジー」(かまくら春秋社)誌等を中心に活動。2009年、『椅子』で第2回「詩とファンタジー」年間優秀賞を最年少で受賞。

大学進学後、独学で映画制作を開始。2012年、自主制作で監督した『Calling』がボストン国際映画祭にて最優秀撮影賞受賞。同年、『雨粒の小さな歴史』がニューヨーク市国際映画祭にて入選。

2014年、『愛の小さな歴史』が第27回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門にて上映。ユーロスペース他、ロードショー。フランスの映画批評誌カイエ・デュ・シネマから「包み隠さず感情に飛び込む映画」、Film Business Asiaから「日本のインディーズ映画の新鮮なる才能を確信した」と評される。

2015年、太賀を主演に迎え、自身の体験[1][2]に基づいた『走れ、絶望に追いつかれない速さで』を発表。東京国際映画祭史上初の2年連続となる入選を史上最年少にて果たす。カイエ・デュ・シネマにて「東京国際映画祭の目的はこの監督のような"クール・ジャパン"とは程遠い、極めて感度の高い作家を支えることにある。ともすると見過ごされかねないこのような監督を創作の世界の端から主流のステージに持ってくることが必要だ」[3]と評される。

2017年、『四月の永い夢』が世界四大映画祭の一つ第39回モスクワ国際映画祭のメインコンペティション部門に正式出品され、国際映画批評家連盟賞を受賞[4]、ロシア映画批評連盟特別表彰を授与[5][6]、喜びを語った[7]。第19回台北映画祭のアジアプリズム部門にも選出される[8]

2019年、松本穂香主演の新作『わたしは光をにぎっている』が第41回モスクワ国際映画祭に特別招待作品として出品された[9]。2019年11月15日に全国公開される。

同年、宮下奈都原作の『静かな雨』を発表。出演は仲野太賀、元乃木坂46衛藤美彩のダブル主演となっている。2019年10月の第24回釜山国際映画祭でワールドプレミア上映される。11月開催の第20回東京フィルメックスのコンペティション部門にて上映され観客賞を受賞。2020年に全国公開される予定。

作品編集

映画編集

ミュージック・ビデオ編集

  • THE TOKYO「ROCK ROCK ROCK/俺たちのグッド・バイ」(2014年)
  • DieByForty「Ames Souers」(2015年)

詩集編集

  • 雪に至る都(2007年)

寄稿編集

  • 『シンゴジラが壊す、実写とアニメの境界線』(日経BP「シンゴジラ、わたしはこう読む」[10]。 2016年10月)
  • 『大学一年』(「すばる」2017年3月号)
  • 『ライ麦畑の真ん中にて』(「coyote No61」2017年3月)
  • 『物語のない海辺』(「すばる」2017年7月号)
  • 『昏い風が吹く』(「すばる」2017年9月号)
  • 『世界を発見するということ』(「詩とファンタジー」No.36 2017年10月号)

連載編集

  • 「中川龍太郎の雑感」(『cinemotion』2016年秋号~)

映画祭編集

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集