メインメニューを開く

中心業務地区

街や都市の主要なビジネス地区や商業地区

中心業務地区[1](ちゅうしんぎょうむちく、英語: central business district, CBD シー・ビー・ディー)とは、都市の、主要なビジネス地区商業地区のこと[2]。街や都市の中の、オフィス店舗などが特に集積している(集中している)地区のこと。

通常、都市であればその規模の大小を問わず、中心業務地区という概念が当てはまる地区がある。 中心業務地区は往々にして、郊外からの交通の便が良い場所で、CBDとなったことで利便性が増し、そこにオフィスや店舗を構えたがる事業主が増え、需給関係の力学により地価が高くなり、(建物オーナーによって、土地面積あたりの建物の延べ床面積を増す方策が練られ)他の地区と比較して多層建築の「階層」(階数)が増える傾向がある、といった特徴がある。(現代の大都市のCBDだと)しばしば高層ビルが立ち並ぶ、が 中規模程度の街のCBDではさほどではない。日本の大都市のCBDの場合では、高層ビル(超高層ビル)に加えて、しばしば地下街も発達させている。だが、中規模程度の都市や一般的な街では、地下街までは作られないことが一般的。

CBD(中心業務地区)という用語は、イギリス英語風の用語、表現であり、英国や かつて英国の統治下にあった国々(豪州など)では広く用いられている。だが米国では「CBD」よりも「downtown ダウンタウン」と呼ぶほうが一般的である。

特に大きな中心業務地区の例編集

国内総生産上位15ヶ国の主な中心業務地区については下表のとおりである。なお、同一の国の中で複数の都市を掲載している場合については、都市圏人口の多い順に列挙した。

 
ニューヨーク、マンハッタンミッドタウン。世界最大級のCBD
国・都市 地区
  ニューヨーク ミッドタウンダウンタウン
  ロサンゼルス ダウンタウン
  シカゴ ループ英語版
  サンフランシスコ ファイナンシャルディストリクト
  シャーロット アップタウン
  トロント ノースヨーク
  ロンドン シティウェストミンスター
  マンチェスター シティセンター
  シドニー シドニーCBD (ウィンヤードなど)
  メルボルン メルボルン・シティ・センター
  ブリスベン ブリスベンCBD (クイーンストリートモールなど)
  ベルリン ポツダム広場
  フランクフルト インネンシュタットen:Innenstadt (Frankfurt am Main)
  パリ ラ・デファンス
  リヨン リヨン・パールデュー駅周辺
  ローマ モンティカストロ・プレトーリオit:Castro Pretorio)・エウローパ
  ミラノ Zona 1、Zona 2
  ナポリ チェントロ・ディレツィオナーレ
  マドリード A.Z.C.A.
  モスクワ キタイ・ゴロッドプレスニャモスクワ・シティ
  サンクトペテルブルク ネフスキー大通り
  サンパウロ パウリスタ通り
  メキシコシティ レフォルマ通りen:Paseo de la Reformaサンタフェ (メキシコシティ)en:Santa Fe, Mexico City
  東京 丸の内大手町霞が関西新宿・港南
  大阪 船場中之島堂島梅田大手前城見
  名古屋 伏見丸の内名駅
  台北 中正区(政治)・信義区大安区中山区
  ソウル 中区鍾路区
  北京 北京CBD国貿
  上海 浦東新区
  香港 中環尖沙咀湾仔
  ムンバイ ナリマンポイント

脚注編集

  1. ^ 「中央業務地区」と訳される場合もある。(建築用語辞典 中央業務地区(CBD)”. 建築SOHO.net (2007年). 2011年4月15日閲覧。
  2. ^ Oxford Dictionary "central business district" The main business and commercial area of a town or city.