メインメニューを開く

中本町(なかもとちょう)は、大阪府東成郡にあった。現在の大阪市東成区城東区のそれぞれ一部にあたる。

なかもとちょう
中本町
廃止日 1925年4月1日
廃止理由 編入合併
西成郡・東成郡計17町27村→大阪市
(大阪市第二次市域拡張)
現在の自治体 大阪市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 大阪府
東成郡
総人口 31,551
国勢調査1920年
隣接自治体 大阪市東区
東成郡城東村神路村鶴橋町
中本町役場
所在地 大阪府東成郡中本町大字本庄
 表示 ウィキプロジェクト

なお、前身となる中本村の当初の範囲は、現在の大阪市中央区天王寺区のそれぞれ一部を含んでいた。

地理編集

歴史編集

前身となる中本村の名は、中浜村と中道村の「中」の字と本庄村の「本」の字から名付けられた。

沿革編集

  • 1869年明治2年) - 玉造口定番下屋敷地を東成郡森村に編入。
  • 1872年(明治5年) - 清水谷屋敷地、御蔵方小揚屋敷地を東成郡中道村に編入。
  • 1873年(明治6年) - 玉造口定番組屋敷地、大阪東大組の玉造森町を東成郡森村に編入。
  • 1874年(明治7年) - 東成郡中道村清水谷(もと清水谷屋敷地)が西成郡吉右衛門肝煎地に編入される。
  • 1879年(明治12年) - 東成郡森村のうち、玉造口定番下屋敷地が東区に編入され、同区杉山町となる。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により、東成郡古屋敷地、森村、中浜村、本庄村、中道村、西今里村が合併して中本村が発足。大字本庄に村役場を設置。
  • 1895年(明治28年)5月28日 - 大字中道に玉造駅が開業。
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 大阪市第一次市域拡張により、大字古屋敷地の全域と森、中道のそれぞれ猫間川以西が大阪市に編入され、東区中本大字古屋敷、森、中道となる。
  • 1900年(明治33年) - 東区中本大字古屋敷、森、中道が古屋敷町、森之宮東之町、森之宮西之町、中道川西町、中道黒門町、中道唐居町に改称。
  • 1912年(明治45年) - 東区古屋敷町が宮林町に改称。
  • 1912年(大正元年)10月1日 - 町制を施行して、東成郡中本町となる。
  • 1925年(大正14年)4月1日 - 大阪市第二次市域拡張により、東成郡中本町の全域が大阪市に編入され、東成区森町、中浜町、中本町、中道町、西今里町となる。
  • 1931年昭和6年) - 東成区森町南、北中浜町、白山町、南中浜町、北中本町、南中本町、北中道町、中道元町、中道本通、南中道町の新町名が起立。
  • 1935年(昭和10年) - 東区中道川西町、中道黒門町、中道唐居町が川西町、黒門町、唐居町に改称。
  • 1943年(昭和18年)4月1日 - 分区および区の境界変更により、当初の村域が東成区、城東区、東区、天王寺区にまたがる。

交通編集

鉄道路線編集

現在は旧町域にOsaka Metro緑橋駅が所在するが、当時は未開業。

道路編集

現在は旧町域に阪神高速13号東大阪線が通過するが、当時は未開通。

参考文献編集

関連項目編集