中村 まり子(なかむら まりこ、1953年6月7日 - )は、日本女優翻訳家演出家劇作家。本名は中村真里子東京都出身。父は俳優中村伸郎。姉は女優の井出みな子パリでベラ・レーヌ、ニコラ・バタイユに師事[1]。 特技はフランス語会話、翻訳。フランス語検定2級。1980年より個人演劇ユニット「パニック・シアター」を主宰。

来歴・人物編集

文化学院大学部仏文科中退。三島由紀夫が主宰した浪曼劇場の『サロメ』(1969年入団)で初舞台を踏み、劇団雲入団、1972年にパリへ渡るとユシェット座のベラ・レーヌ演技教室で指導を受け[2]、帰国後、フリーとして活動。父・伸郎[3]と共に渋谷ジァン・ジァン金曜夜10時劇場で、超ロングラン公演『授業』(1951年イヨネスコ作)に出演[4][5]。伸郎が老齢を理由に出演を辞退し、仲谷昇がその役を引き継いだ後も公演を続け、1987年の最後の舞台[6]まで、15年間参加した[5]。イヨネスコの前で『禿の女歌手』を演じ、褒められた[7]

また劇作家演出家戯曲の翻訳家としても活動している。俳優養成所パフォーミング・アカデミー講師として後進を指導[2]

受賞編集

中村まり子翻訳・演出による『ラスト・シーン』『ラウルの足あと』上演の成果によってパニック・シアターは2007年度湯浅芳子賞・戯曲上演部門賞を受賞[8]ウジェーヌ・イヨネスコ作『まくべっと』の翻訳[9]で、2013年度小田島雄志・翻訳戯曲賞を受けた[10][8]

出演作品編集

映画編集

舞台編集

  • 地球は丸い
  • ラウルの足あと
  • サロメ
  • 天保十二年のシェイクスピア
  • 新・道元の冒険
  • ミュージカル紅葉乱舞車達引 (もみじまうくるまのたてひき):劇団動物園公演 (観世栄夫演出)
  • 調理場
  • 電話劇場
  • 旅立ち
  • 二階の女
  • ホットフラッシュバック
  • フェアウェル
  • 現代・娘へんろ紀行
  • トップ・ガールズ
  • ル・バル
  • もしもし母さん
  • フツーの生活・長崎編
  • まくべっと
  • 相寄る魂 南青山MANDARAマンダラ 1年間ギィ・フォワシィ連続上演

テレビドラマ編集

吹き替え編集

主な翻訳 (戯曲)編集

  • イヨネスコ作『まくべっと』[10]
  • イヨネスコ作『犀』[1]

脚注編集

  1. ^ a b ”. www.bungakuza.com. 文学座 (2009年4月). 2020年12月6日閲覧。
  2. ^ a b 中村まり子 | 俳優養成所・演技スクール | 東京”. www.performing.jp. パフォーミングアカデミー. 2020年12月6日閲覧。
  3. ^ 中村まり子「特集=俳優・父と子:父に似てきた私」『悲劇喜劇』第46巻10 (516)、早川書房、1993年10月、 12-13頁、 doi:10.11501/7923473国立国会図書館限定。
  4. ^ 中村まり子「随想『授業』との日々」『テアトロ』第383号、カモミール社、1975年1月、 84-85頁、 doi:10.11501/7900599国立国会図書館限定。
  5. ^ a b 中村まり子「わが日録『フェアウェル』サヨナラ、ジァン・ジァン『授業』日記」『悲劇喜劇』第53巻6 (596)、早川書房、2000年6月、 60-61頁、 doi:10.11501/7923553国立国会図書館限定。
  6. ^ 中村まり子「エッセイ:ベラへの独り言--『授業』を終えて」『悲劇喜劇』第41巻2 (448)、早川書房、1988年2月、 62-64頁、 doi:10.11501/7923405国立国会図書館限定。
  7. ^ 犀 イントロ”. www.bungakuza.com. 文学座. 2020年12月6日閲覧。
  8. ^ a b Information | お陰さまで、パニック・シアター主宰の中村まり子が、2013年第6回小田島雄志・翻訳戯曲賞を頂きました。2007年度『湯浅芳子賞』の団体賞受賞に継ぐ快挙です。”. www.k-kikaku1996.com. パニック・シアター. 2020年12月6日閲覧。
  9. ^ 中村まり子「追悼・イヨネスコユシェット通り23番地」『悲劇喜劇』第47巻7 (525)、早川書房、1994年7月、 62-63頁、 doi:10.11501/7923482国立国会図書館限定。
  10. ^ a b 第6回小田島雄志・翻訳戯曲賞に中村まり子氏と谷賢一氏” (日本語). 産経ニュース. SANKEI DIGITAL INC (2014年1月5日). 2020年12月6日閲覧。

外部リンク編集