メインメニューを開く

中村 之保(なかむら ゆきやす、1944年9月11日 - )は、、神奈川県出身[1][2]の元プロ野球選手である。ポジションは内野手(主に二塁を守った)。

中村 之保
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県
生年月日 (1944-09-11) 1944年9月11日(75歳)
身長
体重
173 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 1966年 第2次ドラフト1位
初出場 1967年
最終出場 1972年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

なお、本名の読みは、大学時代までは「これやす」であった。

来歴・人物編集

北海高校(北海道)では甲子園に3回出場。1961年第33回選抜高等学校野球大会では、1回戦で御坊商工に延長10回サヨナラ勝ち。2回戦は同期の今井義則投手が先発するが、この大会に優勝した法政二高柴田勲投手に抑えられ敗退。中村は控え二塁手として途中出場し、柴田から二塁打を放つ。3年生の1962年は主将、遊撃手、一番打者をつとめる。第34回選抜高等学校野球大会は1回戦で御所工に敗れる。同年第44回全国高等学校野球選手権大会は準々決勝に進出し、エース伊藤久敏を擁する久留米商と対戦。同期の松谷栄司投手が試合中に骨折、1期下の吉沢秀和投手が急遽リリーフするアクシデントもあり、9回に逆転負けした。他のチームメートに1期下の谷木恭平中堅手がいる。

高校卒業後は、法政大学に進学。東京六大学リーグでは在学中2度優勝。特に1965年春季リーグでは、四番打者の長池徳二外野手、同期のエース里見忠志(河合楽器)とともに優勝に貢献している。翌1966年、4年時の春季リーグでは打率.314を記録。秋季リーグでは打率.339をマークし、ベストナイン(二塁手)に選出された。大学同期には里見の他、近藤徹三塁手日本コロムビア)がいた。

同年秋、第二次ドラフト1位指名にて、南海ホークスへ入団。俊足で守備力にも定評があり、1年目は主に遊撃手として62試合に出場したが、打撃面で伸び悩み、その後は出場数が激減した。1970年オフ、自由契約選手となり、阪神タイガースに移籍。移籍1年目は二塁手として60試合に出場した。しかし、翌1972年は15試合の出場に留まり、同年を最後に引退した。

エスエスケイ相談役を経て、現在は、エヌツーワールド代表取締役社長である。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1967 南海 62 83 78 3 13 2 1 0 17 3 3 0 1 1 3 0 0 22 1 .167 .195 .218 .413
1968 26 22 19 2 3 1 0 0 4 2 1 2 0 0 1 0 2 3 0 .158 .273 .211 .483
1969 5 5 5 1 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2 0 .200 .200 .200 .400
1971 阪神 60 36 32 5 8 0 0 0 8 4 5 5 2 1 1 0 0 6 1 .250 .265 .250 .515
1972 15 1 1 3 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:5年 168 147 135 14 25 3 1 0 30 9 11 7 3 2 5 0 2 33 2 .185 .222 .222 .444

背番号編集

  • 24(1967年 - 1968年途中)
  • 16(1968年途中 - 1969年)
  • 31(1970年)
  • 39(1971年 - 1972年)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 北海道新聞』、2002年8月14日朝刊16頁「北海道とプロ野球⑪」(山本泰人)
  2. ^ 森岡浩著『プロ野球人名事典2003』、2003年4月1日、日外アソシエーツ、346頁