中村 優作(なかむら ゆうさく、1986年6月21日 - )は、日本男性総合格闘家大阪府大阪市城東区出身。チーム・アルファメール・ジャパン所属。現WSOF GCフライ級王者。

中村 優作
基本情報
本名 中村 優作
通称 浪花の爆弾小僧
絶対にすべらないナニワ拳法
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1986-06-21) 1986年6月21日(37歳)
出身地 大阪府大阪市城東区
所属 総合格闘技スタジオSTYLE
チーム・アルファメール・ジャパン
身長 165cm
体重 57kg
リーチ 166cm
階級 バンタム級
フライ級
バックボーン 日本拳法
テンプレートを表示

来歴

編集

3歳から日本拳法を始め、2008年より総合格闘技のキャリアをスタートさせる。翌年2009年には修斗のアマチュア大会を制するなどの実績を挙げ、2010年に地元大阪で開催されたDEEP 45 IMPACTでプロデビュー。

2011年5月には怪我で欠場することになったダレン・ウエノヤマの代替出場としてDREAM JAPAN GPに抜擢され、1回戦で山本篤と対戦。序盤はパンチでダウンを奪うなど優勢に試合を進めるが緊急出場の調整不足もあり、最後はTKO負けを喫した。

2012年2月18日、DEEP 57 IMPACTでDJ.taikiと対戦し、サイドポジションからのパウンド連打でTKO負けを喫した。

2013年4月26日、DEEP 62 IMPACTのフライ級次期挑戦者決定戦で和田竜光と対戦し、右フックでKO負けを喫した。

2016年7月30日、WSOF GCフライ級王座決定トーナメント準決勝でティム・ムーアと対戦し、3-0の判定勝ち。

2016年12月17日、DEEPで行われたWSOF GCフライ級王座決定トーナメント決勝でローレンス・ディグリオと対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功。WSOF GCフライ級王者となった。

2018年5月6日、RIZINデビュー戦となったRIZIN.10でキャリア初のキックボクシングルールで那須川天心と対戦し、2R KO負けを喫した[1]

2018年9月3日、RIZIN.13マネル・ケイプと対戦。3Rにリアネイキドチョークで一本負け[2]

2019年6月2日、RIZIN.16で元ムエタイ ラジャダムナン・スーパーバンタム級1位のトップノイ・タイガームエタイ(トップノイ・キウラム)と対戦。3-0の判定勝ち。RIZIN初勝利を挙げる[3]

2019年12月29日、BELLATOR JAPANRIZIN提供試合でDEEPフライ級王者の神龍誠と対戦し、0-3の判定負け[4]

2020年8月10日、RIZIN.23ZSTフライ級王者の竿本樹生と対戦し、1Rに左フックからのパウンドを受け、TKO負けを喫した[5]

2021年6月27日、RIZIN.29でパンクラス・ストロー級王者の北方大地と対戦予定だったが、試合当日に北方が体調不良によってドクターストップとなったことから急遽試合が中止となった[6]

2022年11月6日、RIZIN LANDMARK 4征矢貴と対戦し、接戦を制し2-1の判定勝ち。約3年振りの勝利を収め連敗を3でストップした[7]

2023年4月1日、RIZIN.41メイマン・マメドフと対戦し、試合開始早々カウンターの左フックでダウンを奪われ、追撃のパウンドで1R23秒KO負けを喫した[8]

2023年10月1日、RIZIN LANDMARK 6ヒロヤと対戦し、グラウンド状態で抑え込まれるシーンも見られたがパンチでダウンを奪うなどして2-1の判定勝ち[9]

2024年3月23日、RIZIN LANDMARK 9でアルマン・アシモフと対戦し、3-0の判定勝ち。この試合はアシモフが計量オーバーしたことで、アシモフの試合直前までの体重戻しを61.0kgまでと制限して、中村が勝った場合のみ公式記録となる条件かつアシモフにレッドカード(判定基準から減点50%)が提示された状態で試合が実施された[10]

戦績

編集

プロ総合格闘技

編集
総合格闘技 戦績
30 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
19 8 0 11 0 1 0
10 7 2 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
アルマン・アシモフ 5分3R終了 判定3-0 RIZIN LANDMARK 9 2024年3月23日
ヒロヤ 5分3R終了 判定2-1 RIZIN LANDMARK 6 2023年10月1日
× メイマン・マメドフ 1R 0:23 KO(左フック→パウンド) RIZIN.41 2023年4月1日
征矢貴 5分3R終了 判定2-1 RIZIN LANDMARK 4 2022年11月6日
× 伊藤裕樹 1R 4:52 TKO(パウンド) RIZIN.31 2021年10月24日
× 竿本樹生 1R 4:06 TKO(左フック→パウンド) RIZIN.23 - CALLING OVER - 2020年8月10日
× 神龍誠 5分3R終了 判定0-3 BELLATOR JAPAN 2019年12月29日
トップノイ・タイガームエタイ 5分3R終了 判定3-0 RIZIN.16 2019年6月2日
ロドニー・モンダラ 1R 1:57 TKO(左フック→パウンド) SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR 第2戦 2019年3月24日
× マネル・ケイプ 3R 4:27 リアネイキッドチョーク RIZIN.13 2018年9月30日
× ライリー・ドゥトロ 2R 2:14 KO(右ストレート→パウンド) プロフェショナル修斗 2017年10月15日
ローレンス・ディグリオ 5分3R終了 判定3-0 DEEP CAGE IMPACT 2016~DEEP VS WSOF-GC~
【WSOF-GC 初代フライ級王座決定トーナメント 決勝戦】
2016年12月17日
ティム・ムーア 5分3R終了 判定3-0 WSOF-GC 3: Philippines
【WSOF-GC 初代フライ級王座決定トーナメント 準決勝】
2016年7月30日
ローレンス・ディグリオ 5分3R終了 判定2-1 WSOF-GC 2: Japan 1 2016年2月7日
グォン・サンス 2R 0:30 KO(右フック) VTJ 7th 2015年9月13日
カナ・ハヤット 2R 2:22 KO(跳び膝蹴り) VTJ in OSAKA 2015年6月21日
清水清隆 5分3R終了 判定2-1 TTF CHALLENGE 04 2015年4月5日
山本賢治 5分3R終了 判定2-1 VTJ 5th in OSAKA 2014年6月28日
中村"アイアン"浩士 3R 0:53 KO(跳び膝蹴り) DEEP CAGE IMPACT 2013 in TDC HALL 2013年11月24日
加藤直之 1R 2:16 KO(スタンドパンチ連打) DEEP NAGOYA IMPACT 公武堂ファイト 2013年8月10日
× 和田竜光 1R 2:10 KO(右フック) DEEP 62 IMPACT
【DEEPフライ級次期挑戦者決定戦】
2013年4月26日
和田竜光 5分2R終了 判定0-1 DEEP CAGE IMPACT 2012 in TOKYO 2nd ROUND 2012年12月8日
宮川博孝 5分2R終了 判定2-0 DEEP 59 IMPACT 2012年8月18日
× DJ.taiki 2R 3:57 TKO(パウンド) DEEP 57 IMPACT 〜12年目の現実〜 2012年2月18日
原田ヨシキ 1R終了時 負傷判定3-0 DEEP 56 IMPACT 2011年12月16日
× 赤尾セイジ 2R 1:17 チョークスリーパー DEEP OSAKA IMPACT 2011年9月4日
× 山本篤 1R 8:43 TKO(グラウンドパンチ) DREAM JAPAN GP -2011バンタム級日本トーナメント-
【バンタム級日本トーナメント 1回戦】
2011年5月29日
寺田功 2R 3:48 KO(右ストレート) DEEP 50 IMPACT 〜10年目の奇跡〜 2010年10月24日
裕希斗 1R 2:55 KO(右フック) DEEP CAGE IMPACT 2010 in OSAKA 2010年6月6日
広斗 1R 4:21 TKO(パンチ連打) DEEP 45 IMPACT 2010年1月24日

アマチュア総合格闘技

編集
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 川名蘭輝 1R 3:02 ヒールホールド 全日本アマ修斗 二回戦 2009年9月27日
梶川卓 1R 3:08 TKO 全日本アマ修斗 一回戦 2009年9月27日
六本木洋 2R 1:49 TKO 関西アマ修斗 決勝戦 2009年7月20日
浜田潤 4分1R終了 判定22-14 関西アマ修斗 準決勝 2009年7月20日
岡田審 4分1R終了 判定22-20 関西アマ修斗 二回戦 2009年7月20日
木村俊介 1R 3:32 KO 関西アマ修斗 一回戦 2009年7月20日

KNOCK OUT  UNLIMITED[注 1]

編集
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
栗秋祥梧 試合前 KNOCK OUT CARNIVAL 2024 SUPER BOUT “BLAZE” 2024年6月23日

キックボクシング

編集
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 那須川天心 2R 1:42 TKO(3ダウン) RIZIN.10 2018年5月6日

獲得タイトル

編集

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ ※オープンフィンガー着用 投げ、サッカーボールキック、踏みつけ、パウンドが認められたルール。

出典

編集
  1. ^ 【試合結果】RIZIN.10 第11試合 中村優作 vs.那須川天心 - RIZIN オフィシャルサイト”. jp.rizinff.com. 2024年6月4日閲覧。
  2. ^ 【試合結果】RIZIN.13 第1試合 中村優作 vs. マネル・ケイプ - RIZIN オフィシャルサイト”. jp.rizinff.com. 2024年6月4日閲覧。
  3. ^ 【試合結果】RIZIN.16 第10試合 中村優作 vs. トップノイ・タイガームエタイ - RIZIN オフィシャルサイト”. jp.rizinff.com. 2024年6月4日閲覧。
  4. ^ 【試合結果】BELLATOR JAPAN 第10試合 中村優作 vs. 神龍誠 - RIZIN オフィシャルサイト”. jp.rizinff.com. 2024年6月4日閲覧。
  5. ^ 【試合結果】RIZIN.23 - CALLING OVER - 第2試合/中村優作 vs. 竿本樹生 - RIZIN オフィシャルサイト”. jp.rizinff.com. 2024年6月4日閲覧。
  6. ^ 【試合中止】Yogibo presents RIZIN.29 第6試合/中村優作 vs. 北方大地 - RIZIN オフィシャルサイト”. jp.rizinff.com. 2024年6月4日閲覧。
  7. ^ 【RIZIN】平本蓮が弥益ドミネーターを空手&ケージDFでドミネートし判定勝ち、鈴木千裕が今成越え、元谷が倉本と大激闘、SARAMIが魂のテイクダウンでラーラを下す、中村が征...”. ゴング格闘技 - GONKAKU. 2024年6月4日閲覧。
  8. ^ 【試合結果】RIZIN.41 第3試合/中村優作 vs. メイマン・マメドフ - RIZIN オフィシャルサイト”. jp.rizinff.com. 2024年6月4日閲覧。
  9. ^ 【試合結果】For Japan presents RIZIN LANDMARK 6 in NAGOYA 第8試合/中村優作 vs. ヒロヤ - RIZIN オフィシャルサイト”. jp.rizinff.com. 2024年6月4日閲覧。
  10. ^ 【試合結果】RIZIN LANDMARK 9 in KOBE 第1試合/中村優作 vs. アルマン・アシモフ - RIZIN オフィシャルサイト”. jp.rizinff.com. 2024年6月4日閲覧。

関連項目

編集

外部リンク

編集
前王者
王座新設
初代WSOF GCフライ級王者

2016年12月17日 - 現在

次王者
N/A