中村勝行

日本の脚本家、小説家 (1942-2022)

中村 勝行(なかむら かつゆき、1942年11月14日[1] - 2022年3月11日[2])は、日本脚本家小説家。俳優の中村敦夫は兄にあたる。時代小説を書くときのペンネームは「黒崎裕一郎」。

来歴・人物編集

機械いじりと絵を描くことが好きだった少年時代だったとのこと[1]。しかし「絵は芸術大学に不合格だった時点で、映画のカメラマンは目が悪いからあきらめた」という[1]東京電機大学を卒業[1]後、撮影機材会社の技師、制作会社プロデューサーの手伝いなどを経て[1]、必殺シリーズへの原稿持ち込みがきっかけでテレビの世界に入り[1]1975年に『必殺仕置屋稼業』で脚本家デビュー[1]必殺シリーズ、「ザ・ハングマン」などの脚本を手がける。

また時代小説も手がけており、1995年には、中村勝行名義で発表した『蘭と狗 長英破牢』で第6回時代小説大賞を受賞した。

ドラマ編集

小説:中村勝行名義編集

  • 『蘭と狗』講談社、1996年3月。ISBN 4-06-208036-2 
    • 『蘭と狗 長英破牢』講談社〈講談社文庫〉、1999年9月。ISBN 978-4-06-264674-1 
    • 『蘭と狗 長英破牢』徳間書店〈徳間文庫〉、2004年12月。ISBN 4-19-892165-2 黒崎裕一郎名義で再刊。

小説:黒崎裕一郎名義編集

享保異聞シリーズ編集

  1. 『享保異聞はぐれ柳生殺人剣』徳間書店、1998年12月。 
  2. 『享保異聞はぐれ柳生斬人剣』徳間書店、1999年10月。 
  3. 『享保異聞はぐれ柳生無情剣』徳間書店、2000年10月。 
徳間文庫版
  1. 『はぐれ柳生殺人剣』徳間書店〈徳間文庫〉、2002年4月。ISBN 4-19-891688-8 
  2. 『はぐれ柳生斬人剣』徳間書店〈徳間文庫〉、2002年7月。ISBN 4-19-891735-3 
  3. 『はぐれ柳生無情剣』徳間書店〈徳間文庫〉、2002年8月。ISBN 4-19-891747-7 
文芸社文庫版
  1. 『はぐれ柳生必殺剣』文芸社〈文芸社文庫〉、2015年4月。ISBN 978-4-286-16304-8 
  2. 『はぐれ柳生非情剣』文芸社〈文芸社文庫〉、2015年6月。ISBN 978-4-286-16619-3 
  3. 『はぐれ柳生紫電剣』文芸社〈文芸社文庫〉、2015年8月。ISBN 978-4-286-16834-0 

冥府の刺客シリーズ編集

幻十郎必殺剣としてドラマ化。

広済堂文庫版
  • 『冥府の刺客』広済堂出版〈広済堂文庫〉、1998年3月。 
  • 『死神幻十郎』広済堂出版〈広済堂文庫〉、1998年8月。 
  • 『死神幻十郎 2 女人結界』広済堂出版〈広済堂文庫〉、1999年4月。 
徳間文庫版
  1. 『死神幻十郎』徳間書店〈徳間文庫〉、2001年1月。 
  2. 『魔炎』徳間書店〈徳間文庫〉、2001年2月。 
  3. 『邪淫』徳間書店〈徳間文庫〉、2001年4月。 
  4. 『密殺』徳間書店〈徳間文庫〉、2001年9月。 
  5. 『怨讐』徳間書店〈徳間文庫〉、2003年5月。 
  6. 『兇弾』徳間書店〈徳間文庫〉、2004年5月。 
  7. 『逆賊』徳間書店〈徳間文庫〉、2005年6月。 
文芸社文庫版
  1. 『冥府の剣』文芸社〈文芸社文庫〉、2016年10月。ISBN 978-4-286-18037-3 
  2. 『火罪』文芸社〈文芸社文庫〉、2016年12月。ISBN 978-4-286-18221-6 
  3. 『玉競り』文芸社〈文芸社文庫〉、2017年2月。ISBN 978-4-286-18392-3 
  4. 『謀殺』文芸社〈文芸社文庫〉、2017年4月。ISBN 978-4-286-18569-9 
  5. 『怨み節』文芸社〈文芸社文庫〉、2017年6月。ISBN 978-4-286-18768-6 
  6. 『殺炮』文芸社〈文芸社文庫〉、2017年8月。ISBN 978-4-286-18973-4 
  7. 『姦計』文芸社〈文芸社文庫〉、2017年10月。ISBN 978-4-286-19171-3 

鳥見役影御用シリーズ編集

幻冬舎文庫版
  • 『闇の華』幻冬舎〈幻冬舎文庫〉、2001年6月。 
  • 『讐鬼の剣』幻冬舎〈幻冬舎文庫〉、2002年6月。 
徳間文庫版
  • 『闇の華』徳間書店〈徳間文庫〉、2005年11月。 
  • 『讐鬼の剣』徳間書店〈徳間文庫〉、2006年1月。 
文芸社文庫版

公事宿始末人シリーズ編集

学研M文庫版
  1. 『公事宿始末人淫獣斬り』学研〈学研M文庫〉、2003年5月。 
  2. 『公事宿始末人破邪の剣』学研〈学研M文庫〉、2004年7月。 
  3. 『公事宿始末人叛徒狩り』学研〈学研M文庫〉、2005年9月。 
  4. 『公事宿始末人斬奸無情』学研〈学研M文庫〉、2008年5月。 
祥伝社文庫版
  1. 『公事宿始末人千坂唐十郎』祥伝社〈祥伝社文庫〉、2016年11月。ISBN 978-4-396-34265-4 
  2. 『公事宿始末人破邪の剣』祥伝社〈祥伝社文庫〉、2017年2月。ISBN 978-4-396-34291-3 
  3. 『公事宿始末人叛徒狩り』祥伝社〈祥伝社文庫〉、2017年4月。ISBN 978-4-396-34304-0 
  4. 『公事宿始末人斬奸無情』祥伝社〈祥伝社文庫〉、2017年7月。ISBN 978-4-396-34338-5 

渡世人伊三郎シリーズ編集

ハルキ文庫版
  • 『渡世人伊三郎 上州無情旅』角川春樹事務所〈ハルキ文庫〉、2003年6月。ISBN 4-7584-3047-0 
  • 『血風天城越え 渡世人伊三郎』角川春樹事務所〈ハルキ文庫〉、2004年12月。ISBN 4-7584-3145-0 
祥伝社文庫版
  • 『渡世人伊三郎 上州無情旅』祥伝社〈祥伝社文庫〉、2021年1月。ISBN 978-4-396-34703-1 
  • 『渡世人伊三郎 血風天城越え』祥伝社〈祥伝社文庫〉、2021年3月。ISBN 978-4-396-34716-1 

必殺闇同心シリーズ編集

神江里見による漫画版がある(小池書院・刊)。

祥伝社文庫版
  1. 『必殺闇同心』祥伝社〈祥伝社文庫〉、2001年8月。 
  2. 『人身御供』祥伝社〈祥伝社文庫〉、2002年9月。 
  3. 『夜盗斬り』祥伝社〈祥伝社文庫〉、2003年9月。 
  4. 『隠密狩り』祥伝社〈祥伝社文庫〉、2004年1月。 
  5. 『四匹の殺し屋』祥伝社〈祥伝社文庫〉、2005年4月。 
  6. 『娘供養』祥伝社〈祥伝社文庫〉、2006年3月。 
祥伝社文庫 新装版
  • 『必殺闇同心 新装版』祥伝社〈祥伝社文庫〉、2019年12月。ISBN 978-4-396-34592-1 
  • 『必殺闇同心 人身御供 新装版』祥伝社〈祥伝社文庫〉、2020年2月。ISBN 978-4-396-34604-1 
  • 『必殺闇同心 夜盗斬り 新装版』祥伝社〈祥伝社文庫〉、2020年4月。ISBN 978-4-396-34621-8 
  • 『必殺闇同心 隠密狩り 新装版』祥伝社〈祥伝社文庫〉、2020年6月。ISBN 978-4-396-34641-6 
  • 『必殺闇同心 四匹の殺し屋 新装版』祥伝社〈祥伝社文庫〉、2020年8月。ISBN 978-4-396-34656-0 
  • 『必殺闇同心 娘供養 新装版』祥伝社〈祥伝社文庫〉、2020年10月。ISBN 978-4-396-34682-9 

その他編集

  • 『江戸城御金蔵破り』徳間書店、2002年7月。ISBN 4-19-861541-1 
    • 『江戸城御金蔵破り』徳間書店〈徳間文庫〉、2004年9月。ISBN 4-19-892117-2 
    • 『安政江戸城御金蔵破り』文芸社〈文芸社文庫〉、2017年12月。ISBN 978-4-286-19351-9 
  • 『街道の牙』徳間書店〈徳間文庫〉、2006年9月。ISBN 4-19-892465-1 
    • 『街道の牙 影御用・真壁清四郎』祥伝社〈祥伝社文庫〉、2021年8月。ISBN 978-4-396-34755-0 

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 週刊テレビ番組(東京ポスト)1987年8月28日号「脚本家の横顔」67頁
  2. ^ 中村勝行氏がご逝去されました”. 日本脚本家連盟 (2022年4月14日). 2022年4月15日閲覧。