中村 司(なかむら つかさ、1965年 - )は、日本のサッカー選手、指導者。

経歴編集

1965年生まれ。岩手県岩手郡岩手町で生まれ育ち、沼宮内中学校から盛岡商業高校に進学して頭角を現し、日本ユース代表、第61回全国高校サッカー選手権大会で優秀選手に選出された。

高校卒業後、日立製作所サッカー部に入団したが、家庭の事情により引退し帰省した。

仕事の傍ら地元のサッカークラブ、国体選手として活躍し、現役引退後は盛岡商業高校コーチ[いつ?]、2002年から柏レイソル盛岡のコーチを務め、2009年にRENUOVENS OGASA FOOTBALLCLUBを設立し指導にあたる。2016年に岩手国体で少年男子岩手県代表チームの監督を務めた[1]

脚注編集

  1. ^ m05.pdf 2020年5月26日閲覧。