メインメニューを開く

中村 和雄(なかむら かずお、1954年10月10日 - )は、日本弁護士。京都弁護士会所属。京都弁護士会副会長。龍谷大学法科大学院客員教授

概要編集

千葉県幕張町(現千葉市)出身。水俣病被害者救済訴訟、労働問題など行政、労働問題を中心に市民派弁護士として活動している。その傍ら、市民ウォッチャー・京都の幹事として市民活動にも積極的に参加している。その活動の中で寺園敦史らと協力して「同和」特別扱い(無審査)奨学金制度を住民訴訟で当時の桝本市長に賠償させたり(最高裁判決[1])、部落解放同盟に不正支給された補助金を返還させたり[2]と言った成果もだした。

2008年2月の京都市長選挙に日本共産党推薦で出馬した。対立候補は自民公明民主党府連、社民党府連の推薦という4党相乗りの門川大作無所属元市議の村山祥栄、会社役員の岡田登史彦であった。選挙戦では同和問題の解決や高速道路建設の中止、若者の労働雇用対策などを公約として掲げ戦うが、951票の僅差で門川に敗れる。

それでも選挙善戦のインパクトは大きく、中村の公約であった「京都市職員犯罪不祥事・同和行政究明独立調査委員会設置による同和問題の解決(同和行政の終結・利権の完全除去)」は当選した門川にも取り入れられた。そして「京都市同和行政終結後の行政の在り方総点検委員会」が京都市役所に設置され中村も一部協力した。最終的に、2009年3月6日「総点検委員会」から京都市長に報告書が提出されたこと[3]より長年にわたる京都の同和行政は事実上終わりをむかえた。

2012年2月の京都市長選挙に日本共産党推薦で再び出馬。公約は「福井の原発に頼らない街づくり(脱原発市政)」、公契約条例制定、京都に多く出店しているクラブ・ダンスホールの風営法規制の緩和、観光税の導入などであった。この時は、現職で民主、自民、公明、みんな、社民府連推薦の門川大作との一騎討ちとなるも、31794票差で敗れた。ただ、この時公約に掲げた「クラブ・ダンスの風営法規制の緩和」は、中村などが仲間を募って運動を拡大していった結果、2015年6月17日に国会で風営法改正がなって相当部分が達成されることになった[4]

経歴編集

著書編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “寺園さんの仕事 まだまだ続く - 地域人権・同和問題の真の解決 新井直樹”. 地域人権・同和問題の真の解決 新井直樹. http://yhx0303.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_7541.html 2018年11月26日閲覧。 
  2. ^ 京都市政の病根・持病と対峙した10年” (日本語). www.geocities.jp. 2018年11月26日閲覧。
  3. ^ 京都市:京都市同和行政終結後の行政の在り方総点検委員会” (日本語). www.city.kyoto.lg.jp. 2018年11月26日閲覧。
  4. ^ ダンス規制改正法成立 これからが重要ですよ! - 中村和雄のブログ”. neo-city.jp. 2018年11月26日閲覧。

外部リンク編集