中村 壱太郎(なかむら かずたろう、1990年8月3日 - )は、歌舞伎役者屋号成駒家定紋は寒雀の中に壱。本名は林 壱太郎(はやし かずたろう)。東京都出身。

なかむら かずたろう
中村 壱太郎
屋号 成駒家
定紋 寒雀の中に壱 Kan-suzume no Naka ni Ichi inverted.svg
生年月日 (1990-08-03) 1990年8月3日(30歳)
本名 林 壱太郎
襲名歴 1. 中村壱太郎
別名 吾妻徳陽(舞踊名)
春虹(狂言脚本執筆、演出)
出身地 東京都
四代目中村鴈治郎
二代目吾妻徳穂

人物編集

歌舞伎役者の中村智太郎(当時。現在の四代目中村鴈治郎)と日本舞踊吾妻流六代目家元の吾妻徳彌(現在の二代目吾妻徳穂)の長男として生まれる。父方の祖父は人間国宝四代目坂田藤十郎、祖母は元宝塚女優でのちに参議院議長を務めた扇千景

1991年(平成3年)11月、京都南座で『廓文章』の藤屋手代で初お目見得。1995年(平成7年)1月、大阪中座で行われた「五代目中村翫雀三代目中村扇雀襲名披露興行」で『嫗山姥こもちやまんば』の一子公時きんときで初代中村壱太郎を名のり初舞台。2014年(平成26年)9月、母の吾妻流三世宗家襲名と同時に吾妻徳陽として七代目家元を襲名した。

2016年、アニメ映画『君の名は。』のヒロインとその妹が舞う巫女舞の創作を担当した。また2018年には、YouTube都営交通公式チャンネルが発表した都営地下鉄浅草線の新型車両登場記念動画「KABUKI UNDERGROUND」に出演した。新型車両である5500形は、車両デザインに歌舞伎の隈取をイメージしたデザインが採用されたためで、動画内では獅子を演じた[1][2]

2020年5月22日、新型コロナウィルス感染症流行で歌舞伎座等の舞台公演が当面の間中止となった為、かずたろう歌舞伎クリエイション〈Kabuki Creation〉という公式ユーチューブチャンネルを開設して、創作舞踊や自身が行っている歌舞伎化粧等を配信している。同年7月12日には、Streaming+(イープラスによるストリーミング配信サービス)による配信ライブの形で「中村壱太郎×尾上右近 ART歌舞伎」の公演を行った[3]。同年8月14日放送のNHKEテレにっぽんの芸能」では、松本幸四郎、尾上右近とともに制作した「紙芝居歌舞伎」が放送されている[4]

家族・親族編集

略歴編集

出演編集

テレビ編集

ラジオ編集

脚注編集

外部リンク編集

先代:
吾妻徳彌
吾妻流家元
7代目: 2014-
次代:
-