中村太地 (陸上選手)

砲丸投選手

中村 太地(なかむら だいち、1993年1月15日 - )は、日本の陸上競技選手。専門は砲丸投。砲丸投の日本記録保持者。茨城県笠間市出身。ミズノ所属。

中村 太地 Portal:陸上競技
選手情報
国籍 日本の旗 日本
競技 投擲
種目 砲丸投円盤投
所属 ミズノ
大学 国士舘大学
生年月日 (1993-01-15) 1993年1月15日(27歳)
出身地 茨城県笠間市
身長 175cm
体重 115kg
成績
国内大会決勝 日本選手権
砲丸投 2位 (2015年2016年
自己ベスト
砲丸投 18m85(2018年) 日本記録
円盤投 52m77(2015年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

経歴編集

茨城県立笠間高等学校在学時、円盤投砲丸投ハンマー投の投擲競技3種目を経験。2010年5月、県大会では投擲競技3種目全てで優勝を果たす[1]。投擲種目の中でも円盤投で一番実績を残しており、全国大会では8月のインターハイ、10月の国民体育大会(少年男子A)の円盤投で二冠を達成する[2][3][4]。同年はシンガポールユースオリンピックには円盤投の日本代表選手にも選ばれたが、世界の壁は厚く14人中12位に終わる[5]

国士舘大学進学後も砲丸投と円盤投を続け、大学では岡田雅次青山利春の指導を受けた。大学では砲丸投の能力が成長し、2013年関東インカレで優勝、2014年日本インカレで2位になるなどの成績を残す[4]

大学卒業後、実業団で陸上競技を続けようとするも思うような就職先がなく、ミズノの正社員ではないが、ミズノから競技活動に必要な陸上商品のサポートや必要なマネジメントを受けられるクラブチーム・チームミズノアスレティックに所属した。

2018年ゴールデングランプリ陸上2018大阪の砲丸投で、18m85の日本新記録を樹立し、4位に入賞した[6]

2018年8月1日からはミズノの正式な陸上部であるミズノトラッククラブに所属[7]

選手としての特徴編集

日本では少数派の回転投法を駆使し、115kgの巨体を器用に使う繊細な投げが持ち味。回転投法に挑戦したのは大学進学後で、高校時代の円盤投の経験がプラスに働いたと中村は語っている[4]

大学時代から円盤投より砲丸投の成績の方が上回るようになり、卒業後は砲丸投をメイン種目としている[4]。ただし、現在も円盤投でも大会にエントリーしている[8]

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集

先代:
畑瀬聡
男子砲丸投日本記録保持者
2018/5/20 -
次代:
-