メインメニューを開く

中村 彰(なかむら あきら、1916年4月7日 - 1969年12月9日)は、日本の俳優である。本名同じ。

なかむら あきら
中村 彰
本名 同じ
生年月日 (1916-04-07) 1916年4月7日
没年月日 (1969-12-09) 1969年12月9日(53歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京府北多摩郡巣鴨村大字池袋(現在の東京都豊島区
職業 俳優
ジャンル 劇映画時代劇現代劇トーキー)、テレビドラマ
活動期間 1940年 - 1960年代
著名な家族 中村春二(実父)
主な作品
指導物語
ハワイ・マレー沖海戦
加藤隼戦闘隊
テンプレートを表示

人物・来歴編集

誕生・帝大時代編集

1916年(大正5年)4月7日東京府北多摩郡巣鴨村大字池袋(現在の東京都豊島区池袋)に、成蹊学園の創設者である中村春二の五男として生まれる[1]

1929年(昭和4年)、東京高師附属小学校(現在の筑波大附属小)、1934年(昭和9年)に東京高師附属中学校(現在の筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。同級生には澄田智(第25代日本銀行総裁)がいた。旧制第一高等学校(1950年廃止)を経て、東京帝国大学(現在の東京大学)文学部美学科へ進学し、父・春二とほぼ同じ学校歴をたどる。

学士俳優として編集

東京帝国大学在学中から、後に映画監督となる家城巳代治堀川弘通、同じく後に映画評論家として活躍する登川直樹清水晶と交流し、1940年(昭和15年)、大学を卒業と同時に東宝に入社した[1]。同年、今井正監督『女の街』で俳優としてデビューする[1]。戦前においては帝国大学出身者のみが「学士」と呼ばれており、東京帝国大学出身の中村彰は、正真正銘の学士俳優第一号として話題となった[1]

戦時中は学士俳優として良家の紳士役やインテリ青年をおもに演じたが、戦後、新東宝に移籍してからはさまざまなジャンルの映画に出演した[1]。1961年(昭和36年)の新東宝倒産後は徐々に俳優としての仕事を減らしていき、間も無く引退。晩年は成蹊大学図書館に勤務しながら成蹊学園史を執筆していた[1]

1969年(昭和44年)12月9日、同史執筆中に心臓を病み、急逝した。満53歳没[1]

出演作品編集

日本映画データベース参照[2]
キネマ旬報映画データベース参照[3]

映画編集

1940年
1941年
  • 指導物語』 : 東宝映画東京撮影所、熊谷久虎監督 - 機関員の兵士・草野淳
  • 『八十八年目の太陽』 : 東宝映画東京撮影所、滝沢英輔監督 - 岐多啓作
1942年
1943年
1944年
1947年
1948年
  • 『大学の門』 : 新東宝映画、佐藤武監督 - 松崎勇作
  • 『黒馬の団七』 : 新東宝映画、稲垣浩監督
  • 『向う三軒両隣り 白百合の巻』 : 新東宝、渡辺邦男監督 - 登美の兄・辰夫
1949年
  • 『流星』 : 新東宝、阿部豊監督 - 三島
  • 『鍋島怪猫伝』 : 新東宝、渡辺邦男監督 - 丹波守
1950年
  • 『海のGメン 玄界灘の狼』 : 新東宝、志村敏夫監督 - 高木俊郎
1953年
  • 『親馬鹿花合戦』 : 新東宝、渡辺邦男監督 - 用度課長
  • 『アチャコ青春手帳第四話 めでたく結婚の巻』 : 新東宝=吉本興業井上梅次監督 - 英男
  • 『刺青殺人事件』 : 新東宝、森一生監督 - 刑事
  • 『さすらひの湖畔』 : 新東宝、渡辺邦男監督 - 宇津木
  • 『新越後情話』 : 新東宝、石山稔監督 - 新二
  • 太平洋の鷲』 : 東宝、本多猪四郎監督 - 戦闘機分隊長
  • 『若さま侍捕物帳 恐怖の折り鶴』 : 新東宝、並木鏡太郎監督 - 伊之助
1954年
1955年
1956年
  • 『検事とその妹』 : 新東宝、古賀聖人監督 - 芝野貞雄
  • 『怨霊佐倉大騒動』 : 新東宝、渡辺邦男監督 - 池浦主計
  • 『勤王? 佐幕? 女人曼陀羅(二部作)』 : 新東宝、渡辺邦男監督 - 徳川斉昭
  • 『軍神山本元帥と連合艦隊』 : 新東宝、志村敏夫監督 - 渡部参謀
  • 『剣豪相馬武勇伝 檜山大騒動』 : 新東宝、山田達雄監督 - 土佐守信明
  • 『鬼姫競艶録』 : 新東宝、渡辺邦男監督 - 宗春
  • 『妖雲里見快挙伝』 : 新東宝、渡辺邦男監督 - 足利成氏
1957年
1958年
  • 『稲妻奉行』 : 新東宝、山田達雄監督 - 坪内駿河守
  • 『関八州喧嘩陣』 : 新東宝、毛利正樹監督 - 中山誠一郎
  • 毒婦高橋お伝』 : 新東宝、中川信夫監督 - 古賀陣十郎
  • 天皇・皇后と日清戦争』 : 新東宝、並木鏡太郎監督 - 石黒忠悳
  • 『楠公二代誠忠録』 : 新東宝、小野田正彦監督 - 後村上天皇
  • 『女体棧橋』 - 新東宝、石井輝男監督 - 斎藤
  • スーパージャイアンツ 宇宙怪人出現』 : 新東宝、三輪彰監督 - 桜井博士
  • 天下の副将軍 水戸漫遊記』 : 新東宝、中川信夫監督 - 片桐定政
  • 『スター毒殺事件』 : 新東宝、赤坂長義監督 - 木戸監督
  • 『朱桜判官』 : 新東宝、加戸野五郎監督 - 笹山紋十郎
  • 『怪談乳房榎』 : 新東宝、加戸野五郎監督 - 菱川重信
  • 憲兵と幽霊』 : 新東宝、中川信夫監督 - 小森憲兵中佐
  • 『白線秘密地帯』 : 新東宝、石井輝男監督 - 捜査主事
  • 『毒蛇のお蘭』 : 新東宝、加戸野五郎監督 - 和田刑事
  • 『重臣と青年将校 陸海軍流血史』 : 新東宝、土居通芳監督 - 荒木貞夫
1959年
  • 『殺人犯 七つの顔』 : 新東宝、三輪彰監督 - 大島社長
1961年
  • 「粘土のお面」より かあちゃん』 : 新東宝、中川信夫監督 - 教頭先生
  • 『東京の夜は泣いている』 : 新東宝映画、曲谷守平監督 - 滝正哉の父・正人
  • 『胎動期 私たちは天使じゃない』 : 新東宝映画、三輪彰監督 - 医科部長
  • 『狂熱の果て』 : 佐川プロ、山際永三監督 - ミチの父親
1962年

編集

  1. ^ a b c d e f g 『日本映画人名事典・男優篇 下巻』、キネマ旬報社、1996年、p.302.
  2. ^ 中村彰、日本映画データベース、2010年4月12日閲覧。
  3. ^ 中村彰、キネマ旬報映画データベース、2010年4月12日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集