中村 恵里加(なかむら えりか、1975年 - )は、日本ライトノベル作家東京都に生まれる。1999年に『ダブルブリッド』で第6回電撃ゲーム小説大賞金賞を受賞し、同作品でデビュー。ハードな作風で知られていた。

略歴編集

高校卒業後はフリーター生活を送っていたが、友人に送った手紙で見せた小説の評価が良かったことから、小説執筆にのめりこむ。

1999年、初めて応募した新人賞でプロデビューを果たした。以後、主として『ダブルブリッド』の続編を書いていたが、2003年12月頃、筆が止まる。2005年2月に新作『ソウル・アンダーテイカー』を発表後、またしばらく新作の発表が途絶えていたが、2007年10月発売の「電撃hp」Vol.50に『ダブルブリッド』の外伝となる短編が掲載される。半年後の2008年5月、約4年5ヵ月ぶりとなる10巻が発売され、『ダブルブリッド』シリーズは完結した。

2009年11月、4年ぶりの新作『ぐらシャチ』を発表。2011年3月発売の『ひがえりグラディエーター』以降、目立った活動はない。

あとがきなどに書いてある通り、大のゲームマニアで、特にセガドリームキャストのファンだった。

作品一覧編集