メインメニューを開く

中村 政美(なかむら まさみ、1924年4月8日[4] - 1945年1月29日[5])は長崎県出身のプロ野球選手

中村 政美
基本情報
出身地 日本の旗 日本 長崎県
生年月日 (1924-04-08) 1924年4月8日
没年月日 (1945-01-29) 1945年1月29日(20歳没)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手三塁手[1]右翼手[2]
プロ入り 1943年
初出場 1943年4月17日[3]
最終出場 1944年8月28日[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

長崎商業学校(現・長崎市立長崎商業高等学校)在学中に、投手として1941年夏の甲子園長崎県大会に出場し、決勝で鎮西学院を下して優勝した。(その後に参加予定だった北九州大会及び本大会は、戦局の悪化により中止となった。)

1943年東京巨人軍に入団。背番号は34[6]。この背番号は1970年4月2日に、金田正一が付けていた番号として永久欠番になったが、巨人軍で初めて背番号34を付けたのが中村だった。投手として入団するも、戦争の激化により応召される選手が続出し、巨人軍と言えども選手不足に陥る状況にあったため、野手(三塁手)としての出場の方が多くなっていった。

10代の若さで入団した故、最初は苦労していた面もあったが、1943年終盤より台頭し始めた。1943年11月7日、このシーズンの最終戦でもある阪神戦(後楽園球場)で初めて4番に座った[3](巨人軍第10代4番打者となる[5])。翌1944年シーズンは開幕戦を含めた26試合(全35試合中)で4番を任され、戦時中の物資不足で公式球の質が悪化していた中で打率.220、本塁打1本(ちなみにこの年の本塁打王は、金山次郎産業〉の3本)の成績を残した。シーズン中盤には、右翼手としても出場した。

1944年シーズン終了後に応召。翌1945年1月29日、戦死した[5](死没場所は不明)。享年20。東京ドーム敷地内にある、鎮魂の碑に彼の名が刻まれている。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1943 巨人 20 12 4 2 0 4 5 -- -- .444 381 87.0 63 1 69 -- 1 47 0 0 34 22 2.28 1.52
1944 2 1 1 0 0 0 1 -- -- .000 57 12.0 10 1 9 -- 1 7 1 0 6 5 3.75 1.58
通算:2年 22 13 5 2 0 4 6 -- -- .400 438 99.0 73 2 78 -- 2 54 1 0 40 27 2.45 1.53

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1943 巨人 30 77 61 3 11 2 1 0 15 6 0 0 0 -- 16 -- 0 9 -- .180 .351 .246 .597
1944 33 136 118 8 26 6 1 1 37 17 2 0 0 -- 18 -- 0 6 -- .220 .324 .314 .638
通算:2年 63 213 179 11 37 8 2 1 52 23 2 0 0 -- 34 -- 0 15 -- .207 .333 .291 .624

背番号編集

  • 34 (1943年)[6]
  • 1944年は、全球団で背番号制度を廃止。

脚注編集

関連項目編集