中村 文則(なかむら ふみのり、1977年9月2日 - )は日本小説家愛知県東海市出身。愛知県立東海南高等学校福島大学行政社会学部応用社会学科卒業。

中村 文則
(なかむら ふみのり)
Nakamura Fuminori.JPG
(2013年、ロサンゼルスにて)
誕生 (1977-09-02) 1977年9月2日(43歳)
日本の旗 日本愛知県東海市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士社会学
最終学歴 福島大学行政社会学部卒業
活動期間 2002年 -
ジャンル 小説
代表作 『土の中の子供』(2005年)
『掏摸』(2009年)
『教団X』(2014年)
『逃亡者』(2020年)
主な受賞歴 新潮新人賞(2002年)
野間文芸新人賞(2004年)
芥川龍之介賞(2005年)
大江健三郎賞(2010年)
ドゥマゴ文学賞(2016年)
デビュー作 『銃』(2002年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

来歴編集

フリーターを経て、2002年に「」で第34回新潮新人賞を受賞しデビュー。2004年、『遮光』で第26回野間文芸新人賞2005年、『土の中の子供』で第133回芥川龍之介賞2010年、『掏摸<スリ>』で第4回大江健三郎賞を受賞。同作の英訳 『The Thief』は、ウォール・ストリート・ジャーナル紙で、2012年のベスト10小説に選ばれ[1]2013年のロサンゼルス・タイムズ・ブック・プライズにもノミネートされた。『悪と仮面のルール』の英訳(EVIL AND THE MASK)はウォール・ストリート・ジャーナル紙の2013年のベストミステリーの10作品に選ばれる[2]。2014年、ノワール小説への貢献で、アメリカでデイビッド・グーディス賞を受賞[3]

人物編集

ドストエフスキーカミュカフカなどから影響を受けており、普遍的な主題に特徴があり、ミステリーの手法も取り入れている。

重厚で陰鬱な作風とは対照的に、本人は明朗な性格である。交流のあるお笑い芸人・作家の又吉直樹がそのギャップについて尋ねてみたところ、「暗いことで人に迷惑をかけるの、やめようと思ったんだよ」と答えたという[4]

漫画家の久世番子とは同郷で、小学校から高校までの同級生であり親交がある。また、ダンスチームはむつんサーブのりきっちょとは大学時代からの友人である。「中村文則」という名前はペンネームであることを久世番子との対談で語っている。

演劇ユニットunks、ヴァイオリニスト島田真千子、ロックバンドNON'SHEEPなどを自身のウェブサイトで紹介したり、役者の綾野剛との親交も深く、他分野とのつながりも広い。

小さい頃、本を読まず、高校生の時にものすごい孤独に陥って小説と出会った。読書感想文を書きたくなくて、自分で勝手に話を作って読書感想文を書いた。題名は「馬と少年を読んで」。初めて書いた物語は、小学校一年生の授業。浦島太郎の続編で「浦島次郎」という亀に復讐する話、職員室で問題になった逸話あり。子供達に薦める本とは?の質問には、よくある物語をただ読むのではなく、親が「君だったらどう変える?」「どう変えたら君好みになるか?」というふうに質問すると面白いのではないかと。お薦めはグリム童話。残酷な話もあるので親が読んでから与えるほうがいいとも。(2020年)

受賞歴編集

著書編集

単行本未収録作品編集

  • 着信(新潮社『週刊新潮』2006年2月 / 新潮文庫『空を飛ぶ恋 ケータイがつなぐ28の物語』2006年6月)
  • 糸のからまり(集英社『すばる』2015年1月号 / フリーペーパー『祝! デビュー15周年 中村文則の世界』)
  • 神(幻冬舎『小説幻冬』2016年11月号 - 連載中)
  • カード師(挿画:目黒ケイ朝日新聞2019年10月1日 - 2020年7月31日)

メディアミックス編集

舞台編集

  • 掏摸〈スリ〉(2012年3月14日 - 18日、劇団サイバー∴サイコロジック、OFF OFFシアター)
  • 世界の果て(2012年8月28日 - 9月2日、unks、ギャラリー LE DECO)

映画編集

出演編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “The Best Fiction of 2012 : The Wall Street Journal's books editors pick the best fiction from the past year.”. The Wall Street Journal. (2012年12月14日). https://www.wsj.com/articles/SB10001424127887324481204578179520370339826 2020年11月6日閲覧。 
  2. ^ “『悪と仮面のルール』英訳版、WSJが選ぶ「ミステリトップ10」に選出”. 新文化. (2013年12月18日). http://www.shinbunka.co.jp/news2013/12/131219-01.htm 2020年11月6日閲覧。 
  3. ^ “中村文則さん:米の文学賞受賞”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2014年2月12日). オリジナルの2014年2月28日時点におけるアーカイブ。. http://archive.fo/upF0J 2020年11月6日閲覧。 
  4. ^ ボクらの時代』2015年3月8日放送分。
  5. ^ “中日文化賞 作家 中村文則氏”. 中日新聞 (中日新聞社). (2020年5月3日). https://www.chunichi.co.jp/article/63597?rct=c_culture_award 2020年5月31日閲覧。 
  6. ^ “村上虹郎×広瀬アリス×武正晴監督! 中村文則デビュー作「銃」映画化”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2018年6月11日). https://eiga.com/news/20180611/3/ 2018年6月11日閲覧。 

外部リンク編集