メインメニューを開く
本来の表記は「中村曻」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

中村 曻(なかむらのぼる、1938年 [1]- )は、北海道出身の家具デザイナーである。

略歴編集

1938年、北海道恵庭市に生まれる[1]。1956年、旭川市上川木工商品開発デザイン課に入社する[1]。1969年に渡欧し、スウェーデンカール・マルムステン木工技術学校に入学[1]。さらに翌年、Konstfackskolanスウェーデン王立美術工芸大学の家具インテリア科のスペシャルスチューデントとなる[2]。1973年、Gip & Quvist設計事務所に勤務後、イケア社の開発部デザイン課に入社[1]。日本人で初めてイケア社の専属デザイナーとなった。1978年に帰国してFurniture Design Nackaを設立。木工家具を主体とした家具デザイナーとして活動するとともに、北海道内の大学等で指導を行っている[2]

受賞歴編集

  • 札幌芸術賞 - 2011年(平成23年)[3]

代表作編集

  • IKEA - イージーチェア
  • IKEA - ハイバックチェア
  • IKEA - ポエング
  • カンディハウス - ギャザーシリーズ
  • カンディハウス - ルールラシリーズ
  • カンディハウス - ラベンダーシリーズ
  • 富士ファニチア - タピオシリーズ
  • 富士ファニチア - Do480

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Funiture Design Nacka (n.d.). “『中村昇 略歴』”. 2013年4月13日閲覧。
  2. ^ a b 札幌市役所 (n.d.). “『札幌芸術賞 中村曻』”. 2013年4月13日閲覧。
  3. ^ 札幌市役所 (n.d.). “『札幌芸術賞・札幌文化奨励賞受賞者の紹介』”. 2013年4月13日閲覧。

外部リンク編集