メインメニューを開く

中村 晴吉(なかむら はるよし)は、日本の俳優スーツアクター。エキストラ会社大塚組に所属していた[1]

人物編集

主に『ウルトラQ』『ウルトラマン』『ウルトラセブン』に怪獣役で出演。『快獣ブースカ』のブースカや『ウルトラQ』のカネゴン役で知られる[1]

『ウルトラQ』第15話「カネゴンの繭」でカネゴンの口の中にアクターである彼の顔が見えるシーンがあり、ブルドーザーからカネゴンが投げ出される際に、カネゴンの頭が取れるというシーンがある[注釈 1]

大塚組に所属していた佐藤裕彦は、親分肌で面倒見の良い人物であったと証言している[1]。また厳しくもあり、東宝内で「軍曹」と呼ばれていた[1]石原裕次郎に対し「挨拶がない」と説教したこともあるという[1]

中村は主役であることからブースカ役を張り切っており、動物園で動物の動きを研究したり、身体を鍛えるなどしていた[1]榎本健一に憧れていたことから喜劇的な動きでは活き活きしていたといい、「シオシオのパー」などの動きも自身で考えていた[1]

出演作品編集

テレビ編集

映画編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 2009年に発売された玩具「ウルトラマン HDM創絶 遊星から来た兄弟編」のカネゴンのフィギュアでは口の中に中村の顔が再現されている。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 特撮秘宝3 2016.
  2. ^ 製作第9話・大木組制作日報。『ウルトラセブン撮影日誌』、2017年。79~80頁
  3. ^ 製作17話・18話・高野組制作日報。『ウルトラセブン撮影日誌』復刊ドットコム、、2017年。123~129頁
  4. ^ 製作第14話・高野組制作日報。『ウルトラセブン撮影日誌』、2017年。95頁
  5. ^ 製作第19話・的場組と野長瀬組の制作日報。『ウルトラセブン撮影日誌』、2017年。133、140頁

参考文献編集

  • 講談社 編『キャラクター大全ウルトラセブン』講談社 2012年 ISBN 978-4-06-217833-4
  • 洋泉社MOOK『別冊映画秘宝ウルトラセブン研究読本』洋泉社 2012年 ISBN 978-4-8003-0027-0
  • 「INTERVIEW 造形師 佐藤裕彦」『別冊映画秘宝 特撮秘宝』vol.3、洋泉社、2016年3月13日、 pp.229-232、 ISBN 978-4-8003-0865-8