メインメニューを開く

四代目 中村梅玉(よだいめ なかむら ばいぎょく、1946年(昭和21年) 8月2日 - )は歌舞伎役者。立役を主とする。本名は河村 順之(かわむら としゆき)。屋号高砂屋定紋祇園守、替紋は祇園銀杏日本芸術院会員、伝統歌舞伎保存会会員。神奈川県出身、青山学院高等部中退[1]

よだいめ なかむら ばいぎょく
四代目 中村梅玉
屋号 高砂屋
定紋 祇園守 Gion Mamori Inverted.svg
生年月日 (1946-08-02) 1946年8月2日(73歳)
本名 河村 順之
襲名歴 1. 二代目加賀屋福之助
2. 八代目中村福助
3. 四代目中村梅玉
出身地 神奈川県
六代目中村歌右衛門(養父)
兄弟 二代目中村魁春
武者小路有紀子

人物編集

弟の二代目中村魁春とともに六代目中村歌右衛門の養子となり、1956年(昭和31年) に歌舞伎座『蜘蛛の拍子舞』の福才で初舞台、二代目加賀屋福之助襲名する。

1967年(昭和42年)に歌舞伎座『絵本太功記』十段目の武智十次郎と『妹背山婦女庭訓・吉野川』の久我之助で八代目中村福助を襲名。

1992年(平成4年)に歌舞伎座『祇園祭礼信仰記』(金閣寺)の此下東吉と『伊勢音頭恋寝刃』(伊勢音頭)の福岡貢で四代目中村梅玉を襲名。2013年、芸術院会員に選ばれる。

品のよい、穏やかな芸風で、『一谷嫩軍記』の源義経平敦盛、『太功記』の十次郎、『吉野川』の久我之助のような貴公子役を本領とする一方、眞山青果作『将軍江戸を去る』の徳川慶喜、『御浜御殿綱豊卿』の徳川綱豊、『頼朝の死』の源頼家や、岡本綺堂作『番町皿屋敷』の青山播磨など三代目市川壽海を思わせる新歌舞伎の役どころや、『仮名手本忠臣蔵』の斧定九郎、『籠釣瓶花街酔醒』の繁山栄之丞など色悪と芸域は広い。

実弟に二代目中村魁春。妻は作家の武者小路実篤の孫で、元バレリーナ武者小路有紀子2019年部屋子中村梅丸を、初代中村莟玉(かんぎょく)を名乗らせ、養子にする[2]

受章・受賞編集

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.552
  2. ^ 中村梅丸、11月歌舞伎座から「初代中村莟玉」に”. 日刊スポーツ. 2019年8月24日閲覧。

外部リンク編集