メインメニューを開く

二代目 中村 歌昇(にだいめ なかむら かしょう、1925年大正14年)7月15日 - 1973年昭和48年)7月20日)は、歌舞伎役者。屋号播磨屋定紋揚羽蝶、替紋は蔓片喰

にだいめ なかむら かしょう
二代目 中村 歌昇
Kashō Nakamura II.jpg
屋号 播磨屋
定紋 揚羽蝶 Ageha inverted.png
生年月日 1925年7月15日
没年月日 (1973-07-20) 1973年7月20日(48歳没)
本名 小川貴智雄
襲名歴 1. 三代目中村種太郎
2. 二代目中村歌昇
3. 小川貴智雄(廃業後)
4. 四代目中村歌六(追贈)
三代目中村時蔵 
兄弟 四代目中村時蔵
初代中村獅童
萬屋錦之介
中村嘉葎雄
五代目中村歌六
三代目中村又五郎

持病の悪化のため歌舞伎役者を廃業、本名の小川 貴智雄(おがわ きちお)として脚本家映画監督に転じた。没後8年目の1981年(昭和56年)に長男の五代目中村歌六から四代目 中村歌六(よだいめ なかむら かろく)を追贈された。

歌舞伎役者として編集

三代目中村時蔵の長男。三代目中村種太郎の名で1936年(昭和11年)5月初舞台。1951年(昭和26年) に、二代目中村又五郎らと梨苑会を結成し、元禄歌舞伎の復活上演など野心的な舞台活動を行う。

1953年(昭和28年)4月歌舞伎座で二代目中村歌昇を襲名。

しかし、幼少時から患った病気のため、志半ばで役者を廃業した。

制作者として編集

持病の悪化で歌舞伎役者を引退、本名の小川貴智雄として、まだ草創期ともいえるテレビ制作に携わることとなる。シナリオ作家(脚本家)や監督として活躍し、脚本では『女は同じ物語』(1960年、フジテレビ)、『竹千代と母』(1970年、日本テレビ)などを手掛けた。

映画監督・演出家としては『白馬の剣士』(1964年、東京放送)、特別機動捜査隊NETテレビ、東映)を手掛けている。

また、映画・演劇俳優に転じた弟、中村錦之助の公演のために『殿さま弥次喜多』などの脚本を書くほか、古巣であった歌舞伎にも力を貸しており、1964年7月の父・三代目時蔵の追善興行には故人の当たり芸を集めた『偲草姿錦絵』を構成している。

死後編集

1973年、48歳で死去。死から8年経った1981年、長男の四代目中村米吉が、五代目中村歌六を襲名するにあたり、四代目中村歌六を追贈された。

外部リンク編集